おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

スタンダード石油が支配したとしても歴史は変わらない裏側は知らない

メタノールをガソリンに3%程度混ぜて使う方法と80%以上混入した高濃度混合燃料で使う方法の二通りが考えられています。3%程度の混入なら現在使われている自動車にも使用可能ですが、高濃度混合燃料だとエンジンにさびが生じたりするので専用車の開発が必…

そのカードを選択したのは正解でしょうか

これから先の今後水素ステーションを普及させるためにはどのような取り組みが必要になるでしょうか。今後の普及に向けては建設コストや運営コスト保守コスト等のさらなる低減を図り水素ステーションがビージネスとして成立するための環境整備が必要になって…

お得や安さよりも安全を意識していることが基本です

自動車やバイクに入れるガソリンは引火しやすい上に空気中に気体となって拡散する性質があるためガソリンスタンド内ではタバーコはもちろんのこと火気類はすべて厳禁です。夏になるとエアコーンをつけたまま給油しようとするドライバーをみかけますがエンジ…

これは忘れていたことだなと思いだすと嬉しい

海の軍隊である海軍は燃料と潤滑油のほぼすべてをアメリカからの輸入に頼っていた。南部仏印進駐による米国の禁輸と軋轢が強まる中で急きょ潤滑油の開発と製造が開始された。実際のところどの程度のグレードと特性を持った潤滑油が生産し供給されたのか「海…

逆から読んだらンリンガだよねって意味のないことを書くな

みなさんご存じの第二次大戦後のガソリン不足などで我が国においても東京電気自動車のたま号など一時的な復活等もありましたが電気自動車は実験的な展開で姿を見せたり消えたりが長い間続いたのです。 本格的な復活は1990年代です。排気ガスなどの公害問題に…

欲しい人が多いなら買取の値も変わるのだろう

新車ではない自動車の中古車価格と一言で括っても小売価格下取り(買い取り)価格 オークション価格(相場)など様々な価格があります。一般論であれば下取り→相場→小売の順で高くなります。 が時間軸の概念が加わることにより逆転することも多々あります。…

適当に買取価格を語ってみたいと思います

知っているかもしれませんが毎年度の買取価格は発電設備の導入費や運転維持費をもとに算定していて発電事業者が利益を得られるように計算されています。 今回の買取価格の引き下げはこうしたコストが下がったことによるものです。また政府は再生可能エネルギ…

誰の為なのか意味のある買取りが理想である

みなさん知っていると思いますが電力小売の全面自由化により家庭も制度上は電力会社を選択できるようになりました。とはいえまだすべての消費者が自分の望む電気を選べる状況ではありません。再生可能エネルギー由来の電気を使いたいという人々のニーズを満…

買取は悪いことではないのだが、全ての人が納得するのは難しい

さてさてFIT電力が増えれば買取費用も増加する。そのため国などは消費者が負担する賦課金も大きくなると指摘。改正FIT法は自然エネルギーの導入拡大と賦課金抑制の両立が大きな柱だ。その方策の一つとして導入されようとしているのが入札制度である。…

おすすめの自動車とバイクを語る、ついでに未来も

自動車もバイクも沢山の車種があるので、どれがいいのかわからなくなりますよね。個人的には、見た目がかっこいいというのが一番大事なので、デザインを重視する傾向があります。しかし、デザインだけで選んでしまうと失敗することもあるので、中身、つまり…

いつの世代も時代も愛は変わらない

かなり昔の物語ですが1929年の世界恐慌により再び業績が悪化したトライアンフは、1932年には自転車部門をラレーに売却。オートバイ部門では新たな主任技師ヴァル・ペイジを迎えて新規車種の開発をはじめました。1934年には社名を「トライアンフ」(Triumph C…

人が操りコントロールして走る

あたらしい自動車、最近の自動車はエンジンのみの単一駆動源で動くものから徐々にモーターとセンサーを組み合わせた複合的な駆動システムへと進化しています。これに対してオートバイはいまだに駆動源をエンジンのみとしており、時代とともにパワー追求から…

頭を守るのが大事なのさ、脳があるから

バイクのヘルメットは海外ではどうなっているのだろうか。例えば、アメリカでは州によって法律が違う。ヘルメットの着用が義務づけられている州や、18歳以下のみ着用が義務づけられている州など、州法によってさまざま。ただし、ヘルメット着用義務がない州…

好みは人それぞれです、考え方は人それぞれ

知っているでしょうか、ビューエルは、かつてアメリカでバイクを手がけていたメーカーです。社名の由来にもなっている、元ハーレーダビッドソンのエンジニアであった創業者のエリック・ビューエルの理想を実現したコンパクトストリートファイターバイクが大…

乗って楽しい見て楽しい、こんなものは最高だ

流行りといいますか、バイクブームは過去にも日本の経済成長と共に訪れています。1970年代には高度成長期で今までアメリカ主導だったバイクの生産が日本に移りより精密なメカニズムを搭載した日本製のバイクが現れ世界に輸出されるようになりました。HONDA D…

話し合いが好きな人、嫌いな人、どっちでもない人

会議と言いますが、最初のレースミーティングは1983年にニュージーランドのクライストチャーチ郊外にあるRuapuna Speedwayにて開催されました。このクラブの設立の背景にはクライストチャーチのChristchurch Motorcycles、Classic Linesという2つのバイクシ…

同じようにできたらどんなに楽しいことでしょう

とんでもなくバイクの扱いが上手いMotoGPライダーたちのライディングスタイルに繋がる起源を辿っていくと、1970年代後半に登場したケニー・ロバーツが最初のゲームチェンジャーのひとりとして浮かび上がってくる。当時のWGP最高峰だった500ccクラスのマシン…

新しいものを嫌う人もいれば、好む人もいる

何年も何年も数十年にわたって「自動車のボディは鉄で作られるもの」という認識が定着していたこともあり、その構造も大きく変わることはありませんでした。どんどん進歩していくエンジンやサスペンションと比べれば、動きのない分野だったのです。しかし、…

比べて比べて悩んで選んで

電気で動く自動車の電気自動車が人類史上初めて登場した時期は、ガソリン自動車の登場よりも古い1800年代でした。登場した当初こそ実用化レベルまでは到達していませんでしたが、その後、1900年代に近づく頃には、実用に耐えうる電気自動車がイギリス、フラ…

技術が素晴らしいと楽しいですね

イギリス、有機ELの先進国である英国ではプラスチックエレクトロニクスの開発を政府の肝いりで進めており、英国全土に5カ所の研究拠点(Centre of Excellence:COE)を設けている。このうちの4カ所が大学内に設けた施設を利用するが、1カ所だけは政府が組織化し…

売りたい買いたい、どっちなの

バイクや自動車などのエンジンの燃料としてガソリンスタンドで販売されているのは「ガソリン」と軽油」。さらにガソリンは「レギュラー」「ハイオク」に分かれている。レギュラーとハイオクの違いは、含まれる添加剤の割合にある。この割合は「オクタン価」…

どっちを選ぶのか知らない、謎は謎のまま

イーブイ、EV(Electric Vehicle)は、エコカーと呼ばれる次世代のクルマの中で、最も長い歴史を持ち、その歴史はガソリンエンジンの自動車とほぼ同じといわれています。電気自動車(EV)は、外部から充電した電気を動力源にし、モーターで走るクルマで…

どんどん新しいものになっていくのでしょう

知っているかもしれませんがコンピューター制御のことを電子制御と呼びます。燃料調整に使えば「電子制御式燃料噴射装置」と呼び、アクセル操作に使えば「電子制御スロットル」と呼びます。車に詳しい人たちは、それぞれ「インジェクション」、「電スロ」と…

決められた選択は忘れてはいけない

自動車やバイクをお持ちの人なら必ず利用するガソリンスタンドに行くと、たいていのスタンドで2種類のガソリンを売っていると思います。レギュラーガソリンと、ハイオクガソリンです。ハイオクガソリンは「高オクタン価ガソリン」のことで、燃やしたときのノ…

比べてみると分かるものがある

かなり前の1990年代に入る頃には、ほとんどの自動車用エンジンがEFIを採用するようになりましたが、それでも「空気と燃料を混ぜてからシリンダーへ送り込む」スタイルは変わりませんでした。しかし、1993年に三菱自動車が市販した「GDI」エンジンが、その常…

世界の問題が近くにあるのだと思います

我々の住む日本同様、アメリカ・ロサンゼルスでも光化学スモッグが社会問題になっていました。1970年代初め、光化学スモッグの主要因が自動車の排気ガスで、大気汚染と密接な関係があるということが判明したんです。その頃、アメリカでは「US Clean Air Act…

好きなものかもしれません、個人的に

専門的な話題ですが、ガスタービンは、現在では発電用、航空用などいろいろな分野でたくさん使われていますが、これまでの開発は、多くの機械の開発と同じような地道な技術開発の積み重ねでした。ガスタービンでは、タービン仕事を100%とすると圧縮機仕事は…

バイクは楽しい乗り物ですが

バイク、つまり二輪車の場合は、当初の規制ではエンジンの種類として2サイクルと4サイクルとが市販されていましたので、規制値もこの形式に見合う形になっていましたが、2006年の強制強化をきっかけに、全て統一した規制値が設定されるようになりまし…

自動車やバイクが出すもの

バイクや自動車が出す排気ガスは地球温暖化の一因とされている。排気ガスにはCO2(二酸化炭素)やNOx(窒素酸化物)などの“温室効果ガス”が含まれており、これらが大気中に増えることで、温暖化が引き起こされているのだ。その仕組みはこうだ。地球は太陽光…

真剣に対策を考えることが大事

臭い自動車排ガス汚染を抑制するための最新技術にはエンジン、制御システム、操作条件を変更する改造といったエンジン内部の浄化と空気噴射、サーマルリアクターの取り付け、触媒コンバーターの取り付けといったエンジン外部の浄化がある。これまでの理論や…