読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

エンジン

お得や安さよりも安全を意識していることが基本です

自動車やバイクに入れるガソリンは引火しやすい上に空気中に気体となって拡散する性質があるためガソリンスタンド内ではタバーコはもちろんのこと火気類はすべて厳禁です。夏になるとエアコーンをつけたまま給油しようとするドライバーをみかけますがエンジ…

好みは人それぞれだから好きなほうを選択する

ガソリンと空気の混合気を作り出すキャブレターによってガソリンと空気の混合気をシリンダー内に取り込みます。取り込まれた混合気は、シリンダー内を上下するピストンによって圧縮され、スパークプラグによって点火、爆発します。この爆発エネルギーによっ…

未来ではどうなっているのか考えてみたい

普通のガソリン車と異なり、ディーゼル車は軽油を使用します。軽油はガソリンよりも高温でよく燃焼する特徴から、燃焼効率が非常に良くエネルギーの無駄が少なく、ガソリン車よりも燃費が2〜3割ほど優れているとされています。また、そもそもの燃料単価も軽…

忘れてはいけない存在だと思っていたら人気になったみたいな

ガソリン車では必ずあるスパークプラグのないディーゼルエンジンとガソリンエンジンでは、着火方法の仕組みに違いがあります。ディーゼルエンジンは、エンジン内部の圧力を高めることによって軽油を自然発火させることで燃焼する仕組みになっています。対し…

知識があると理由が分かる、そして楽しめる

一般的なガソリン車に比べるとより大きいトルクを発生させることができます。これはディーゼルが過給器と相性が良く、両者を組み合わせて使うことが多いためです。ディーゼルエンジンの圧縮行程で圧縮するのはただの空気ですから、どれだけ空気を詰め込んで…

強くて頼りになると思っております

ランドクルーザーのランクル40系の中でもロングボディーのFJ45Vの後継モデルとしてFJ55Vがデビュー。 当時販売されていたガソリンの40系はFJ40・FJ43・FJ45Vの3種類。その内のロングボディー:FJ45Vの後継モデルとしてデビ…

魅力あるものは時代を超えて評価されるのだろう

インプレッサで有名な現行スバル車の主力となるのがFB型エンジン。そのなかでも新世代BOXER第一弾として登場したのが2.0LのFB20A型エンジンだ。ちなみにFB型エンジンのFはFHI(富士重工業)のFやFutureのF、BはBrandNewやBOXERのBの頭文字をとって名付けられ…

メーカーによって違うものだと感じる

ルノーと日産の社長のカルロス・ゴーン氏が日産の舵取りをするようになって、合理化が推し進められたことは有名ですが、それは主に車台の共用化にはじまり、エンジンバリエーションの絞込みまで、いうなれば「ワンソース・マルチユース」という考え方が徹底…

色んなものが組み合わされて動いているんだな

バイクや自動車のオイルの進化はモータースポーツをはじめとした競技と密接に関係している。カストロールは航空機のイベントや自動車レース、そして地上最速記録を破ろうとするドライバーのイベントなどを積極的に支援すると同時に各ユーザーのエンジンに合…

気持ちがいい回転と音

自動車のホンダのVTECという言葉、みなさんも一度は聞いたことがあるはず。これはホンダが開発した可変バルブタイミングリフト機構(Variable Valve Timing & Lift Electronic Control System )の名称です。文字どおり、バルブの開き方を変えてエンジンの…