おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

ゴム

知るか知らないかは、その人次第です

いま現在の世界のゴム消費量は、天然ゴムが全体の1/3、合成ゴムが2/3程度であり、最大の消費製品は自動車用タイヤである。合成ゴムの中で最も生産量が多いのはSBRである。紙搬送機器で多用されるEPDM、ウレタン、シリコーン等は全体に占める比…

いつからあるのかと考えてしまったら、知りたいですよね

バイクや自動車のタイヤそのものの起源は車輪の歴史とともに古く、紀元前4000年頃のメソポタミア文明を築いたシュメール人にまで遡ると言われている。馬車を利用始めたころからシュメール人は、クッションと木製車輪の保護を兼ねて、その外周に動物の皮…

ちゃんと考えて使いたいものである、そう思う

自動車のタイヤのスタッドレスタイヤの装着でたまにある間違いとして、「駆動輪だけにつけている」というものがあります。実は、車の4つのタイヤはすべてが動いているわけではありません。国産車の場合「前の2つのタイヤだけが動いている」というものが多い…

大事なものだから、作り手も真剣になるのだろう

2000年の1年前の1999年から2年間は『ブリヂストン』1社のみの供給であったF1タイヤでしたが、2001年から『ミシュラン』が復帰。早速ウィリアムズがシーズン4戦目のイモラで優勝しました。即座の成功を警戒したのか、ブリヂストンは他チームにもタイヤを供給…

新しい知識と、新しい視野があるといい

はるか昔の1950年のF1グランプリ開幕当初はイタリアの『ピレリ』とイギリス『エングルベール』の2社がタイヤを供給。この時代のF1マシンはまだウイングなどの空力的付加物がなく、現在のレーシングカーの面影は全くありません。1950年代に活躍していた主なF1…