読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

メーカー

上がったり下がったりしながら進んでいくのでしょうね

過去のあの日、1972年頃、ノートン・ビリヤーズ同様、名門トライアンフを抱えるイギリスの老舗企業バーミンガム・スモール・アームズも業績悪化に直面していました。1973年にイギリス政府の肝いりで両社は合併し、ノートン・ビリヤーズ・トライアンフが設立…

走りを追求する素晴らしい企業だと思っております

かっこいい車のロータス・カーズの歴史は、1947年、当時ロンドン大学の学生であったコーリン・チャプマンが、オースチン・セブンを自分用のレーシングカーに改造したことから始まる。完成した車は、翌1948年にはマイナーレースに参戦。しかしチャプマンは、…

先のことを予測して行動しないといけませんね

これから先は、少子高齢化の進展により社会保障費が拡大していくことが想定されている。それを支える若者の懐事情は益々厳しいものになっていくだろう。そうした中、若者のエントリーカーとしての軽自動車の役割も大きなものになるのではないだろうか。最近…

良いものは、いつの時代も良いのだろう

あの頃、1970年代は2輪4輪を問わずレースの世界でヘルメットと言えば、ほとんど『BELL』(ベル)だったし、ストリートでもフルフェイスもオープンフェイス(ジェットヘルメット)も、最高峰はBELLだった。世界中のヘルメットメーカーはBELLを手本とし、そ…

国内は厳しい、だから海外に目を向ける

メーカー各社は日本国内の厳しい需要の中で、まず各社は排気量125ccや250cc以上の大型クラスに戦略モデルを投入し、バイク好きの取り込みを図る。というのも、50cc以下の万単位の減少は補えないながら、51ccより上のクラスは合計で年数千…

資料というのは大事だと思います、ほんとうに

ジャパンこと日本で最初にオートバイの記録が残されているのは1898年・明治31年に紫義彦氏が組み立てたとされる車両の写真です。1909年・明治42年には島津楢蔵氏が初めての国産車とされるNS号を製造しています。その翌年にはドイツやアメリカなどから輸入し…

世界には色々なメーカーがあるのだと感じる

日本ではあまり有名ではありませんが、海外では知られているキムコは台湾のバイクメーカーの一つです。台湾国内では非常に大きなメーカーであり、主に排気量50ccから250ccクラスが充実しています。日本ではスクーターのメーカーとして知名度があり…