読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

世界の問題が近くにあるのだと思います

我々の住む日本同様、アメリカ・ロサンゼルスでも光化学スモッグが社会問題になっていました。1970年代初め、光化学スモッグの主要因が自動車の排気ガスで、大気汚染と密接な関係があるということが判明したんです。その頃、アメリカでは「US Clean Air Act…

好きなものかもしれません、個人的に

専門的な話題ですが、ガスタービンは、現在では発電用、航空用などいろいろな分野でたくさん使われていますが、これまでの開発は、多くの機械の開発と同じような地道な技術開発の積み重ねでした。ガスタービンでは、タービン仕事を100%とすると圧縮機仕事は…

バイクは楽しい乗り物ですが

バイク、つまり二輪車の場合は、当初の規制ではエンジンの種類として2サイクルと4サイクルとが市販されていましたので、規制値もこの形式に見合う形になっていましたが、2006年の強制強化をきっかけに、全て統一した規制値が設定されるようになりまし…

自動車やバイクが出すもの

バイクや自動車が出す排気ガスは地球温暖化の一因とされている。排気ガスにはCO2(二酸化炭素)やNOx(窒素酸化物)などの“温室効果ガス”が含まれており、これらが大気中に増えることで、温暖化が引き起こされているのだ。その仕組みはこうだ。地球は太陽光…

真剣に対策を考えることが大事

臭い自動車排ガス汚染を抑制するための最新技術にはエンジン、制御システム、操作条件を変更する改造といったエンジン内部の浄化と空気噴射、サーマルリアクターの取り付け、触媒コンバーターの取り付けといったエンジン外部の浄化がある。これまでの理論や…

気を使うことがあるのだから

大きな建設機械の動力源であるディーゼルエンジンから排出される排気ガスの大半は人体に無害な水蒸気(H2O)、窒素(N2)や酸素(O2)です。そして残りの成分として二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)や粒子状物質(PM…

日本だけで考えることではないですね

人が運転するくるまの自動車排出ガス規制の強化は、国内だけでなく、海外でも行われています。ディーゼル自動車の人気が高いヨーロッパをはじめとするEUでは、共通の排出ガス規制である「ユーロ4」が導入されていて、今後、さらに厳しい「ユーロ5」の開…

みんなのものだから大切にしたいと思います

くるま、自動車の単体、燃料規制が進む一方で、自動車の交通量が多く交通渋滞が激しい大都市地域などにおける自動車排出ガスによる大気汚染が深刻化しています。 大気汚染防止法は、交差点など交通渋滞による大気汚染が激しい、または汚染が生ずるおそれがあ…