読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

新しいものを嫌う人もいれば、好む人もいる

何年も何年も数十年にわたって「自動車のボディは鉄で作られるもの」という認識が定着していたこともあり、その構造も大きく変わることはありませんでした。どんどん進歩していくエンジンやサスペンションと比べれば、動きのない分野だったのです。しかし、…

世界規模で考える必要があるのでしょうね

ちょっとだけ解説です、金属価格の高騰の原因として、まず中国の経済成長が挙げられます。自動車の急増や建物の建設ラッシュ、さらに北京五輪に向けて社会基盤整備が急ピッチで進められていることもあって、各種金属の需要が急増しています。さらに、インド…

見えているものが全てではないのだろう

色の無い、透明も含めて、物にはそれぞれの「色」があります。でも実際に人間の目で見ているのはその物に反射した「光の色」です。なので暗い場所では物の色が分かりません。例えば、リンゴが赤く見えるのは光がりんごに当たった時に、赤い色の光だけが反射…

生み出した人は天才ですね、いつまでも使われる

コロコロコロ、糸車は紡錘を横向きに置いて、紡錘自体の回転の代わりにはずみ車で回転させるもので、紡錘同様、回転力を利用して繊維をねじって撚り合わせ、一続きの長い糸にするものである。 インドで発明された糸車(手紡ぎ機)は大きな車輪を使って軽い力…

深く知ると難しいなと感じます、でも面白い

少しだけ説明します。ABS樹脂は3つの成分ポリスチレン、アクリロニトリル、ブタジエンの長所が生かされたプラスチック素材だが、この3つの成分の配合率を変化させることでさまざまなABS樹脂を作り出すことができる。 また上記の3つの成分以外に、追加で他の…

地面と接する部分なので気をつけたい

いま現在のようなゴムのタイヤが登場するのは1867年のこと。ゴムの輪を車輪の外周にとりつけただけのソリッドタイヤが最初だった。最高速度は30km/h程度、長く走ると熱でゴムが焼け煙が出たといわれている。そして1888年、ついに空気入りタイヤが生まれた。…

我々の時代よりも前に存在していたもの

今からかなり前の1549 年に来日したキリスト教のフランシスコ・ザビエルが、1551年に大内義隆に自鳴機(機械時計)を贈りました。その時計に使われているねじが我が国に伝 わった最初の締結ねじであると推定されます。次節で述べる火縄銃のねじに遅れることわ…

過去を知ると楽しいですね、知識です

あのとても有名な人物、豊田喜一郎の思いから、豊田自動織機に自動車用特殊鋼開発の製鋼部が立ち上がったのは1934年のことだった。わずか十数名で操業を開始した製鋼所ではあったが、1日3トンから5トンの生産量は、翌年、小形圧延製品の一部を市場に提供…

素材が良いものだとすべてが良く感じる

あれはちょうどバブル期の平成元年、C33ローレルのクラブSが皮切りだったと記憶しています。上級スポーティグレードに美しい木目パネルとセットでコーディネートされたこげ茶のアルカンタラ、もとい、「エクセーヌ」は非常に渋い印象で大人っぽく、それまで…