おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

真剣に対策を考えることが大事

臭い自動車排ガス汚染を抑制するための最新技術にはエンジン、制御システム、操作条件を変更する改造といったエンジン内部の浄化と空気噴射、サーマルリアクターの取り付け、触媒コンバーターの取り付けといったエンジン外部の浄化がある。これまでの理論や…

気を使うことがあるのだから

大きな建設機械の動力源であるディーゼルエンジンから排出される排気ガスの大半は人体に無害な水蒸気(H2O)、窒素(N2)や酸素(O2)です。そして残りの成分として二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)や粒子状物質(PM…

日本だけで考えることではないですね

人が運転するくるまの自動車排出ガス規制の強化は、国内だけでなく、海外でも行われています。ディーゼル自動車の人気が高いヨーロッパをはじめとするEUでは、共通の排出ガス規制である「ユーロ4」が導入されていて、今後、さらに厳しい「ユーロ5」の開…

みんなのものだから大切にしたいと思います

くるま、自動車の単体、燃料規制が進む一方で、自動車の交通量が多く交通渋滞が激しい大都市地域などにおける自動車排出ガスによる大気汚染が深刻化しています。 大気汚染防止法は、交差点など交通渋滞による大気汚染が激しい、または汚染が生ずるおそれがあ…

仕上がりを気にして丁寧に作業をする

とりょうのソリッド塗装とは、基本的にカラー塗料の中にメタリックのフレークやパールが含まれていない塗料を塗られた塗装の事を指します。例えば白、赤、青、黄などの、単一の色目のボディーカラーがソリッドにあたります。単一色目の色だけ塗装されたもの…

方法がしっかりしていると楽しい気持ちになりますね

少し前に説明した、ウレタン塗料についてもう少し補足すると硬化剤の比率によって作業性や塗膜性能が変わってきます。よくあるのが主剤:硬化剤が10:1、3:1、2:1の三種類です。基本的には硬化剤の量が多いほうが架橋密度は高いのですが、必ずしも硬化剤の…

どれを選ぶのかは、その人のセンスなのでしょうね

はけは色々あります、平ばけ、ずんどうばけ、および柄と毛の部分に角度のある、すじかいばけなどがあります。穂は、ほとんどが動物の毛で、馬毛(古くは、こまげと呼んでいた)、ヤギ毛、羊毛が多く使用されています。黒毛には、馬毛のような硬い毛が使用さ…

見た目が大事だと言う人もいる、それが普通だろうな

自動車の塗装の種類だが、大まかに分けて3種類が現在の主流になっている。ひとつめは“ソリッド”と呼ばれる、いわゆる単色塗装の事だ。樹脂に混ぜているのは、単純に色を表現する顔料だけになる。比較的、表現は簡単なようだが、各色の顔料をどれぐらいの配…

記憶はいつまでも

第一次の次、第二次世界大戦が始まるまでに、グレイ・カンパニーの売上は100 万ドルに達しました。会社はアメリカの急速な防衛産業の構築による新たな需要と機会に対応すべく様々な潤滑油の新製品を開発しました。戦争が終結した時点で経営層は、自社の流体…

キレイだと気持ちも嬉しくなりますよね

クルマ、自動車用塗料といえば、鮮やかさや発色のよさなどが注目されがちです。ただ、塗料に求められるのはそれだけではありません。環境対策も課題となっています。たとえば、塗装後に放出されるVOCもそのひとつ。全世界で生産される車両が年間6000万台で、…

知るか知らないかは、その人次第です

いま現在の世界のゴム消費量は、天然ゴムが全体の1/3、合成ゴムが2/3程度であり、最大の消費製品は自動車用タイヤである。合成ゴムの中で最も生産量が多いのはSBRである。紙搬送機器で多用されるEPDM、ウレタン、シリコーン等は全体に占める比…

いつからあるのかと考えてしまったら、知りたいですよね

バイクや自動車のタイヤそのものの起源は車輪の歴史とともに古く、紀元前4000年頃のメソポタミア文明を築いたシュメール人にまで遡ると言われている。馬車を利用始めたころからシュメール人は、クッションと木製車輪の保護を兼ねて、その外周に動物の皮…

ちゃんと考えて使いたいものである、そう思う

自動車のタイヤのスタッドレスタイヤの装着でたまにある間違いとして、「駆動輪だけにつけている」というものがあります。実は、車の4つのタイヤはすべてが動いているわけではありません。国産車の場合「前の2つのタイヤだけが動いている」というものが多い…

大事なものだから、作り手も真剣になるのだろう

2000年の1年前の1999年から2年間は『ブリヂストン』1社のみの供給であったF1タイヤでしたが、2001年から『ミシュラン』が復帰。早速ウィリアムズがシーズン4戦目のイモラで優勝しました。即座の成功を警戒したのか、ブリヂストンは他チームにもタイヤを供給…

新しい知識と、新しい視野があるといい

はるか昔の1950年のF1グランプリ開幕当初はイタリアの『ピレリ』とイギリス『エングルベール』の2社がタイヤを供給。この時代のF1マシンはまだウイングなどの空力的付加物がなく、現在のレーシングカーの面影は全くありません。1950年代に活躍していた主なF1…

素敵な物を作り、素敵な気持ちになる

昔の1932年末、アルファ ロメオは経営が変わった。何年か先のこととなるFiatGroupAutomobiles S.p.A.による買収を除いて、経営が変わったのはこれが最後である。イタリア政府組織であるI.R.I.(産業復旧公社)がアルファ ロメオを買収し、レースからの撤退を…

最初があるから今がある、スタートは大事である

人が運転する自動車が発明された年は、世界的な認識では、カール・ベンツが最初の自動車である三輪車を完成させた1885年とされている。そのときにはまだ4サイク ルエンジンに関するニコラス・オットーの特許が有効で、特許侵害に当たったため。オットーの特…

新しい挑戦は、新しいことへのチャレンジである

ビールやジュースで有名なサントリーは1899(明治32)年の創業以来、ウイスキーやワインを中心に製造販売していたが、あえてビールという厳しい世界に入り、クリーンでマイルドなデンマークタイプのビールをつくるようになる。そして、サントリーのビールが…

人が集まり、物が集まり、お金が集まる

平成よりもかなり前の明治22年、町村制の施行により与野町は、周辺の上落合村、下落合村、中里村、大戸村、鈴谷村、上峰村、八王子村、円阿弥村、小村田村の9村と合併し、新生「与野町」が誕生した。市場の町として栄えていた与野も、明治16年高崎線が…

好きなものを知ると、さらに好きになる

いまからだいぶ前の1903年には、フォードはアメリカのレーシングカーとして当時最も成功を納めることにになる「999」モデルを製造した。続く5年間のうちに、彼は色々な車を市場に出している。1907年の後期に、彼はTモデルに集中することを決心した。T…

場所というのも、大事な要素なのですね

我が国の首都である東京と大阪のほぼ中央に位置する浜松は、その地理的条件と温暖な気候、さらに天竜川に代表される豊富な水資源などに恵まれ、古くから「ものづくり」が盛んなまちとして成長してきました。 また、繊維、楽器、オートバイといった三大産業に…

良いものは、良い技と良い設備で作られているのかな

日本の東海地方の中京工業地帯とは、主に愛知県、岐阜県、三重県に広がっている工業地帯です。愛知県瀬戸市や岐阜県多治見市の陶磁器、愛知県一宮市の毛織物などは古くから栄えてきました。なぜこの地域に工業が発達したかというと、東京と大阪の間に位置す…

人が作り、人が使い、人が壊す

世界的な自動車メーカーのトヨタ自動車は工場の生産設備をつなぐネットワークの規格に「イーサキャット」を採用する。ドイツで開発・オープン化された通信規格で、高速性に加えて省配線化が可能。IoT(モノのインターネット)技術への対応が進んでいるた…

極端なものは魅力があります、思い込みでしょうか

遅いスピード、つまり低速性能が良いこともトライアルバイクの大きな特徴です。ふつうのバイクでは半クラッチを使わずに、ローギアで人が歩く程度の速度で走ることは不可能ですが、トライアルバイクならできます。それでいてトップギアでの最高速度は時速100…

常識の中にある何かを発見したいと思う

オートバイ、つまりバイクのミッション車やマニュアル車と呼ばれる運転者が変速ギアを操作するタイプについて解説すると、エンジンは通常、車体フレームに固定されている。クランクシャフトが車体進行方向方向に対して横向きになる配置を採用する車種が大半…

身近なものほど知らない、よくあることです

バイクの湿式クラッチとは、エンジンオイルが蓄えられている箱の中にエンジンとクラッチ機構の両方が包括されている仕様をさし、乾式クラッチとは、クラッチ機構がエンジンオイルが蓄えられている箱の外にある仕様のことを指すそうです。 湿式クラッチはエン…

好みは人それぞれなので、好きなものを選ぶ

エンジンのシリンダーを大きく出来る単気筒エンジンは、その構造上エンジンの振動が大きくなる傾向に有ります。爆発が多気筒に比べ大きいわけですから、当然の結果です。また2気筒以上のエンジンが複数のシリンダーから発生する振動を打ち消すことが出来るの…

汗をかくことは大事なことだと思っています

室内で利用するエアロバイクの正式名称は「エクササイズバイク」と呼ばれます。エクササイズとは英語で運動の意味を持ち、肉体能力の維持や強化、健康保持などを目的としたフィジカルトレーニングことを指すので、まさしくそれを目的としたバイク、と言うこ…

若いときほど記憶しやすいらしいですね

DHCではなくてDOHCタイプのエンジンは、吸気弁と排気弁が別々のカムシャフトによって動くため、負荷が分散されます。さらに、カムシャフトが直接バルブを押すため時間のロスが少なく、細かい調整が可能なので、高回転型でハイパワーを出すタイプのエンジ…

新しい事を覚えると脳が活性化すると聞いた

マウンテンではなくロードバイクのタイヤサイズ表記では700×23Cというように表記されています。「700」の部分がタイヤの外形を表していて、700㎜=27インチのサイズと言う意味になります。「23」は、タイヤの幅を表していて、23=23㎜、25=25㎜と言う事にな…