読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

好みは人それぞれなので、好きなものを選ぶ

エンジンのシリンダーを大きく出来る単気筒エンジンは、その構造上エンジンの振動が大きくなる傾向に有ります。爆発が多気筒に比べ大きいわけですから、当然の結果です。また2気筒以上のエンジンが複数のシリンダーから発生する振動を打ち消すことが出来るの…

汗をかくことは大事なことだと思っています

室内で利用するエアロバイクの正式名称は「エクササイズバイク」と呼ばれます。エクササイズとは英語で運動の意味を持ち、肉体能力の維持や強化、健康保持などを目的としたフィジカルトレーニングことを指すので、まさしくそれを目的としたバイク、と言うこ…

若いときほど記憶しやすいらしいですね

DHCではなくてDOHCタイプのエンジンは、吸気弁と排気弁が別々のカムシャフトによって動くため、負荷が分散されます。さらに、カムシャフトが直接バルブを押すため時間のロスが少なく、細かい調整が可能なので、高回転型でハイパワーを出すタイプのエンジ…

新しい事を覚えると脳が活性化すると聞いた

マウンテンではなくロードバイクのタイヤサイズ表記では700×23Cというように表記されています。「700」の部分がタイヤの外形を表していて、700㎜=27インチのサイズと言う意味になります。「23」は、タイヤの幅を表していて、23=23㎜、25=25㎜と言う事にな…

なるほどザワールドな気分です

3番でも2番でもなく一番のメリットは剛性と強度の確保です。MTBユースなどそれなりの負荷がかかる状況で、クイックを使用した場合フロントによれが発生してステアリングに影響を与えてしまいますが、スルーアクスルは高いねじれ剛性をもってるためそのよう…

自分好みに変えてみるのも面白いと思います

バイクの排気のマフラーの音がうるさくなってきたノーマルハンドルでは自分の体に合わないと思うようになったら、マフラーやハンドルの交換をしてみましょう。どちらもバイクの乗り心地を大きく変えてくれるパーツですマフラー交換をするメリットは、走行音…

なるほどなるほど、なるほどなっ

金属のアルミはカーボンと並んで、現在多くのバイクがこの素材で作られている。主にエントリーモデルなどの廉価版が中心である。素材そのものは強度が低く、フレームの形状で強度を実現する必要がある。そのため、アルミ製バイクは形状を自在に設計すること…

天気がいいと走りたくなりますよね

バイクのネイキッドのうち、見た目が少しレトロなタイプのバイク。気筒数(エンジンを爆発させる筒の数)が少ないものがおおいため、全体的に小柄で車体重量が軽く(排気量にもよるが)、足付きも良いため女性にも扱いやすいバイクと言える。ただし、馬力(…

忘れてはいけない過去は忘れないようにしたい

民間の企業が運営する「民営化」までは、有料道路の運営主体としては、日本道路公団が大きな役割を担ってきました。1960年に首都高速道路公団が、1962年には阪神高速道路公団が設立され、それぞれ都市内の街路の整備と一体となった都市高速道路(道路法上は…

なるほどと思うことは驚きでもある、不思議なものだ

みなさんよく知っている名神・東名の両「高速道路」(正確には高速自動車国道)が、日本の大幹線として姿を見せたのは1960年代の後半のことです。(参考 名神の最初の開通は、栗東~尼崎間 1963年=昭和38年、全線開通は1965年 東名の最初が1968年、全線開通…

似ているようで違うものは沢山ありますよね

ふつうの人が通常、高速道路と呼んでいるものには、2つの種類があることをご存じでしょうか?一つは「高速自動車国道」と呼ばれるものと、もう一つは「自動車専用道路」と呼ばれるものです。 この二つの高速道路の違いについて、おおまかに説明してみると次…

考えて運転することが大切なのだと思っています

難しそうな言葉のハイドロプレーニング現象は、よく高速道路で起きています。前述しました80km以上の速度がハイドロプレーニング現象が起きやすく、高速道路は一般道路と違って加速、減速をすることが少ないため発生率が上がります。 高速道路では雨が降ると…

分かっている人と分かっていない人がいるらしい

走るときにお金が必要な有料道路の正式名称は、「「自動車専用(有料)道路」です。有料道路は、その道路の形態に関係なく、通行料金を徴収する道路です。道路の制限速度は様々です。 100km/hで飛ばせる自動車専用道路もあれば、最高速度30km/hの観光道路、…

知らないよりも知っていたほうがいいことが多い

排気量660ccの軽自動車にかかる主な税金について解説していきます。実際に「軽自動車を購入したとき」と「軽自動車を所有しているとき」に納めなければならない税金はそれぞれ異なる他、どちらの場合においても納めなければならないものもあります。自…

欲しいなと思ったら買いたくなりますよね

とりあえず、まずマイカーローンを選ぶ際の判断基準は金利です。車の購入は高額なので金利が高いと毎月の負担は大きくなります。金利の比較は総合サイトをチェックするとすぐできますがとくに低いのはA銀行やS銀行のマイカーローンで金利は2%前半です。 …

忘れてはいけない過去がある、それは普通のこと

くるまのマイカーローンは1920年代に、アメリカでゼネラルモーターズ(GM)やクライスラーによって始められました。当時のアメリカではフォードが販売台数1位を誇っていましたが、フォードは顧客に借金を背負わせることに難色を示していました。 しかしGMが…

手続きは簡単なほうが嬉しいと思ってしまいます

自動車などのマイカーローンには仮審査と本審査があります。仮審査と聞くと簡単な審査のように思うかも知れませんが、様々な項目についてかなり詳しく記入する必要があります。住所、氏名、年齢、勤務先、年収などは基より家族状況や居住形態など細かく報告…

嫌いな人もいれば、助かると思う人もいる。

クルマ、つまり自動車ローンの始まりは、やはり自動車先進国であるアメリカにおいて1920年代に始めて導入されました。ゼネラルモーターズやクライスラーなどのメーカーにより始まった自動車ローンは、一般庶民からすればまだまだ高嶺の花ともいえる、 自…

始まりがなければ、進化も終わりもないのである

お金が必要、つまり有料の道路は、明治9年に小田原板橋から箱根湯本間の東海道に、人力車がすれ違えるように拡幅した約4kmの区間が始めてとされています。ただし有料の期間は5年で終わっています。有料トンネルも明治9年に、東海道の難所宇津ノ谷峠に初めて…

重要なものは、誰にでも重要であると考える

さて、従来の道路網(一般国道など)は、道路法にそれぞれの性格付けがなされ細かく路線の該当条件が定められていて、それに応じて路線の指定を行なう。いわば道路網のあり方は道路法内で完結していたわけで、道路網を作ることでおのずから国土の理想的な編…

遠い国のことも、身近に感じるものである

欧州、つまりヨーロッパで最初に馬車が栄えたのは古代ギリシャです。戦車に用いた二輪の馬車が中心ですが、荷物の運搬や旅行にも馬車が用いられました。宿屋が整備されていない当時、旅行用馬車が現代のキャンピングカー代わりになりました。古代ローマでも…

あの日の思い出が、昨日のことのように

みなさまご存じの都電荒川線は荒川区南千住の三ノ輪橋から新宿区西早稲田の早稲田まで約12.2kmを運行している東京都交通局が運営する都内に唯一残る路面電車の路線です。荒川線の前身は明治44年(1911年)8月に大塚~飛鳥山間(大塚線)を開業した王子電気軌…

人は何を求めるのか、それを追求したい。

空を飛ぶ飛行機による高速移動の海外旅行が一般的になった現在でも、大航海時代から大帆船時代を経た海洋ロマンと結びついたクルーズは根強い人気を誇ります。さらに近年ではクルーズファンの間では、とりわけ帆船クルーズが憧れの的となっています。ドイツ…

沢山の人に知られているのなら、説明は必要ない

あの有名な長篠合戦(長篠の戦い)は1575年の6月29日、三河国長篠城を守る徳川家康の家臣である奥平信昌を武田信玄の息子武田勝頼が攻めたことに端を発する戦いです。この戦いにより武田家は壊滅的な敗北を喫し、1582年の天目山の戦いにて滅亡をします。 こ…

必要なものは大切なもの、そう思います

日本の戦後は、高速道路などが長距離交通移動の本格的な機能導入に発展していく中、それまで市街地の移動手段だった市内電車やトローリーバスが廃止されるのと同じようにバスの移動体系が取り入れられていきます。交通車両の大きな増大による渋滞や、様々な…

便利なものは普及するのでしょうね

平成の前の昭和に入って、バス事業はさらに勢いを増していきました。事業同士の合併や統合を繰り返しながら、市域の重要な交通手段としてさらに発展していくのです。しかし太平洋戦争ではバスの需要はありながら燃料の不足などから運行が難しく、最終的には…

世界規模で考える必要があるのでしょうね

ちょっとだけ解説です、金属価格の高騰の原因として、まず中国の経済成長が挙げられます。自動車の急増や建物の建設ラッシュ、さらに北京五輪に向けて社会基盤整備が急ピッチで進められていることもあって、各種金属の需要が急増しています。さらに、インド…

上がったり下がったりしながら進んでいくのでしょうね

過去のあの日、1972年頃、ノートン・ビリヤーズ同様、名門トライアンフを抱えるイギリスの老舗企業バーミンガム・スモール・アームズも業績悪化に直面していました。1973年にイギリス政府の肝いりで両社は合併し、ノートン・ビリヤーズ・トライアンフが設立…

見えているものが全てではないのだろう

色の無い、透明も含めて、物にはそれぞれの「色」があります。でも実際に人間の目で見ているのはその物に反射した「光の色」です。なので暗い場所では物の色が分かりません。例えば、リンゴが赤く見えるのは光がりんごに当たった時に、赤い色の光だけが反射…

生み出した人は天才ですね、いつまでも使われる

コロコロコロ、糸車は紡錘を横向きに置いて、紡錘自体の回転の代わりにはずみ車で回転させるもので、紡錘同様、回転力を利用して繊維をねじって撚り合わせ、一続きの長い糸にするものである。 インドで発明された糸車(手紡ぎ機)は大きな車輪を使って軽い力…

深く知ると難しいなと感じます、でも面白い

少しだけ説明します。ABS樹脂は3つの成分ポリスチレン、アクリロニトリル、ブタジエンの長所が生かされたプラスチック素材だが、この3つの成分の配合率を変化させることでさまざまなABS樹脂を作り出すことができる。 また上記の3つの成分以外に、追加で他の…

地面と接する部分なので気をつけたい

いま現在のようなゴムのタイヤが登場するのは1867年のこと。ゴムの輪を車輪の外周にとりつけただけのソリッドタイヤが最初だった。最高速度は30km/h程度、長く走ると熱でゴムが焼け煙が出たといわれている。そして1888年、ついに空気入りタイヤが生まれた。…

走りを追求する素晴らしい企業だと思っております

かっこいい車のロータス・カーズの歴史は、1947年、当時ロンドン大学の学生であったコーリン・チャプマンが、オースチン・セブンを自分用のレーシングカーに改造したことから始まる。完成した車は、翌1948年にはマイナーレースに参戦。しかしチャプマンは、…

我々の時代よりも前に存在していたもの

今からかなり前の1549 年に来日したキリスト教のフランシスコ・ザビエルが、1551年に大内義隆に自鳴機(機械時計)を贈りました。その時計に使われているねじが我が国に伝 わった最初の締結ねじであると推定されます。次節で述べる火縄銃のねじに遅れることわ…

過去を知ると楽しいですね、知識です

あのとても有名な人物、豊田喜一郎の思いから、豊田自動織機に自動車用特殊鋼開発の製鋼部が立ち上がったのは1934年のことだった。わずか十数名で操業を開始した製鋼所ではあったが、1日3トンから5トンの生産量は、翌年、小形圧延製品の一部を市場に提供…

素材が良いものだとすべてが良く感じる

あれはちょうどバブル期の平成元年、C33ローレルのクラブSが皮切りだったと記憶しています。上級スポーティグレードに美しい木目パネルとセットでコーディネートされたこげ茶のアルカンタラ、もとい、「エクセーヌ」は非常に渋い印象で大人っぽく、それまで…

選ばれるには理由があるのだろう

インドに名前が似ているインドネシアのジャカルタは地下鉄やモノレールが無く、移動手段はもっぱら自動車、バイク、バス、乗り合いバスなどがメインです。残念ながら日本のように徒歩・自転車で安全に移動出来るように整備されている道や歩道、横断手段はほ…

考えながら行動したい、そう思います

有名な国ベトナムの法律でもバックミラーの設置は義務付けられています。が、そのバックミラーもあさっての方向を向いていたり、自分の顔が見えるようになっていたりと後ろを確認する気は無さそうです。その結果、車線変更時も後ろを確認することはほとんど…

その場にいなければ分からないことは沢山ありますね

地元の現地の人で道を歩いている人はほとんどいません。たいていは観光客などの外国人。なので道を歩いているとすぐに客引きやバイクタクシーのおっちゃんたちに声を掛けられてしまいます。また信号付きの横断歩道もほとんどありません。そのためバイクが忙…

場所が違うと雰囲気も変わりますよね

日本から遠く離れたヨーロッパのライダーはウエアにこだわります。私のようにGパンを履いているライダーはまず見かけません。ショルダーパッドやエルボーパッドが入ってるがっちりしたレザージャケット、あるいは裾の長い防寒ジャケットを着用して、レザー…

好みは人それぞれだから好きなほうを選択する

ガソリンと空気の混合気を作り出すキャブレターによってガソリンと空気の混合気をシリンダー内に取り込みます。取り込まれた混合気は、シリンダー内を上下するピストンによって圧縮され、スパークプラグによって点火、爆発します。この爆発エネルギーによっ…

未来ではどうなっているのか考えてみたい

普通のガソリン車と異なり、ディーゼル車は軽油を使用します。軽油はガソリンよりも高温でよく燃焼する特徴から、燃焼効率が非常に良くエネルギーの無駄が少なく、ガソリン車よりも燃費が2〜3割ほど優れているとされています。また、そもそもの燃料単価も軽…

忘れてはいけない存在だと思っていたら人気になったみたいな

ガソリン車では必ずあるスパークプラグのないディーゼルエンジンとガソリンエンジンでは、着火方法の仕組みに違いがあります。ディーゼルエンジンは、エンジン内部の圧力を高めることによって軽油を自然発火させることで燃焼する仕組みになっています。対し…

知識があると理由が分かる、そして楽しめる

一般的なガソリン車に比べるとより大きいトルクを発生させることができます。これはディーゼルが過給器と相性が良く、両者を組み合わせて使うことが多いためです。ディーゼルエンジンの圧縮行程で圧縮するのはただの空気ですから、どれだけ空気を詰め込んで…

強くて頼りになると思っております

ランドクルーザーのランクル40系の中でもロングボディーのFJ45Vの後継モデルとしてFJ55Vがデビュー。 当時販売されていたガソリンの40系はFJ40・FJ43・FJ45Vの3種類。その内のロングボディー:FJ45Vの後継モデルとしてデビ…

魅力あるものは時代を超えて評価されるのだろう

インプレッサで有名な現行スバル車の主力となるのがFB型エンジン。そのなかでも新世代BOXER第一弾として登場したのが2.0LのFB20A型エンジンだ。ちなみにFB型エンジンのFはFHI(富士重工業)のFやFutureのF、BはBrandNewやBOXERのBの頭文字をとって名付けられ…

メーカーによって違うものだと感じる

ルノーと日産の社長のカルロス・ゴーン氏が日産の舵取りをするようになって、合理化が推し進められたことは有名ですが、それは主に車台の共用化にはじまり、エンジンバリエーションの絞込みまで、いうなれば「ワンソース・マルチユース」という考え方が徹底…

色んなものが組み合わされて動いているんだな

バイクや自動車のオイルの進化はモータースポーツをはじめとした競技と密接に関係している。カストロールは航空機のイベントや自動車レース、そして地上最速記録を破ろうとするドライバーのイベントなどを積極的に支援すると同時に各ユーザーのエンジンに合…

気持ちがいい回転と音

自動車のホンダのVTECという言葉、みなさんも一度は聞いたことがあるはず。これはホンダが開発した可変バルブタイミングリフト機構(Variable Valve Timing & Lift Electronic Control System )の名称です。文字どおり、バルブの開き方を変えてエンジンの…

変化は可能性が沢山だと実感する

電気で動く電気自動車、それも1つの車輪を1つのモーターが動かす、いわゆるインホイール・モーター方式だと、エンジンのような大きく重い部品は電池しかない。しかし電池は、設置する場所には限定されない。バッテリは確かに重くてかさばる部品ではあるが、…