読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

日本ではこのくらいの大きさが合ってるんだけど。。

バイクの125cc、原付2種のメリットは幾つか有りますが、まず50ccの原付に比べ、30km制限が無くなるのが大きな特徴です。一部ライダーから捕まる為に走っていると言われる30km制限が解除され、法定速度の60kmまで出すことが可能です。

バイク自身の性能としても一般道の流れに付いていくには申し分無いです。また原付で厄介な2段階右折が無くなるのも魅力的なポイントです。任意保険の加入ですが125cc以下の場合、本人や家族の自動車保険にファミリーバイク特約という形で安く保険を組むことが可能です。本人以外には親の保険も活用することが出来るため、特に18歳以下の学生なら是非利用したいところです。

逆に一定の年齢を超えてくるとバイク単体で任意保険を組んでもそこまで金銭的な負担とならない場合が有り、もっと手厚い保険に別途入ることも可能です。125cc以下と126cc以上は税制上区別される為、税金面でも安くなる傾向に有ります。軽自動車税は1600円と、250ccクラスより800円くらい安いです。この様に諸々のコストが安くあげられるので、購入のハードルが低くなっています。125ccのSSは欧州での一定の需要が望める限り、恐らく今後も継続販売されていくと思いますが、装備が無駄に豪華なだけに日本で125ccを探している層には価格的にマッチしないかもしれません。

下手な250ccが買えてしまうお値段ですからね…普通自動車免許で125ccが乗れる様になれば、趣味のアイテムとして国内でも再度ブームとなりそうです。また今回はMTバイクに限定して記事を書きましたが、AT仕様のおすすめもまとめています。実用性ではMTにも負けていないので、通勤に使われる方等におすすめ出来ます。