おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

曲がる時は注意しましょう

右に曲がる右折での交通事故として挙げられるのが、直進車と衝突してしまうケースです。(右直事故)ほかにも、直進する対向車ばかりに気を取られ、横断歩道を渡っている歩行者や自転車に気づかず接触事故を起こしてしまうケースや、対向車が途切れたので右折した際、対向車の後方にバイクが走っていて衝突事故になった事例など、右折にまつわる事故の種類は数多く存在します。

右折する場合、対向車に注意し、右折側の横断歩道にも気を配ることはもちろんですが、対向車が途切れたからといってすぐに右折を開始せず、バイクなどが影に隠れていないかを注意しましょう。また、信号が黄色から赤になる変わり目も、注意が必要です。「直進車が停まってくれるだろう」という判断で右折し、相手も「ギリギリで行ける」と判断して、お互いそのまま停止せずに走行してきた場合に、衝突事故に繋がります。相手が減速していて、確実に「止まる」と判断できる状態になってから右折するのが事故防止の正しい判断と言えるでしょう。

交差点の左折は事故が少ないと感じがちですが、実はそうではありません。左折の事故として挙げられるのが、自転車やバイクなどを巻き込んだり、横断歩道の歩行者や自転車に気づかず接触事故を起こしたりするケースです。左折をする場合は、特に後方左側にバイクが走っていないかを、早めに確認する必要があります。ルームミラーとサイドミラーで確認するのはもちろんですが、後方左側はミラーの死角になっていることが多いので、直接後方を目視で確認するのも大切です。その後、早めに左ウインカーを出して、左に曲がることを後方を走る相手にアピールしましょう。

特に、後方からスピードを出して迫ってくるバイクがいる場合には、バイクがすり抜けられないようにあらかじめ車を左に寄せるか、先にバイクを行かせてから左折すれば巻き込み事故を防ぐことができます。また、前方から横断歩道を渡りかけている歩行者や自転車が要る場合は、相手が渡り切ってから左折しなければなりません。後方のバイクだけに気を取られると、横断歩道の確認を怠りがちになるので、しっかりと確認してください。