読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

生きれるなら永く生きたい

日本から遠く離れた米国・NYCにあるアルベルト・アインシュタイン医学校のJan Vijg氏(遺伝学部長)らの研究によれば、今後もおそらく『ヒトの最高齢の記録が、現在の122歳を超えることはないだろう』ということです。ちなみに、よく引き合いに出されるフランス人女性の故ジャンヌ・カルマンさんは122年164日を生き、生没年月日が正確に判明している例としては、現在も歴代最長と言われています。そのカルマンさんの享年例から、従来の学会筋では、ヒトの寿命限界は『120年前後ではないか』とされてきました。一方、今回の研究を踏まえ、Vijg氏らは『平均寿命の最大値は115歳』であり、『絶対的な寿命の上限は125年である』と結論づけられています。

彼らの知見が示唆しているのは、今後は長寿を達成する人が減少してゆくという意味ではありません。あくまでも最高齢の記録が、現在の(カルマンさんの)122歳を超える可能性は薄いという意味のようです。たしかに1900年以降も高齢者の割合自体は増加し続けていました。ところが100歳以上を迎えた人たちの層に限って経年分析すると、時代ごとの生まれた年にかかわらず100歳以降の生存率自体はさほど変わっていないことも解ったのです。そして、この年齢群(100歳以上の組)では、1970年代~1990年代初期にかけて死亡時年齢がやや上昇していたものの、ミレニアムに向けては横ばいの推移を見せていました。

そんな解析から導かれたのが、前述の最大値115歳であり、125歳の限界説というわけです。Vijg氏は『それでも、人口統計学者や生物学者たちはこう言うかもしれない。『最大寿命の延伸がほぼ限界、それはまもなく終わるなんて考える理由はない』というふうに。しかし、『今回のわれわれのデータは、すでに1990年代時点でそれが限界に達していることを強く示唆しています』と話しています。