読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

人間ってすごいですね、ほんとにビックリしてしまいます。

昔、昔の、大昔の江戸時代には現代のような戸籍制度がなく、生まれた子どもの数をきちんと把握する仕組みはありませんでした。どこの家庭に何才の人が何人いるか、というようなことは大体わかっていたものの、「7才までは神の子」などとも言われており、幼児を数えない地域もありましたので、科学的な人口統計をするための基礎的データは残されていません。

そのため、平均寿命を正確に算出することは不可能で、さまざまな資料をもとに推定値が計算されています。多くの研究者が江戸時代の平均寿命について推論していますが、試算結果にはばらつきがあります。30才というものも35才というものもありますし、中には50才という説もありますが、だいたい「30才~40才くらい」だったと考えられます。平均寿命というのは、新生児が何才まで生きられるかを統計学的に予想したものです。仮に5人の子どもがいて、3人は0才で亡くなり、1人は50才、1人は100才で亡くなったとすると平均値=寿命は30才となります。

長生きする人がいても、乳児の死亡率が高いと平均は低くなります。江戸時代には医療技術が十分でなかったこともあり、生まれて間もない子どもの死亡率がとても高く、そのため、理論上の「寿命」は短くなるのです。極端な例ですが、江戸時代の12代将軍徳川家慶には男女合わせて27人の子どもがいましたが、20才まで生きられたのは家定1人のみでした。また、家慶の父親である11代将軍家斉の子は50人いて、半数が20才までに亡くなっています。