読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

イメージはカレーしか無いけど面白そうなところです

世界

カレーをすぐに思い出してしまうインドと言えばガンジス川が有名ですよね。インドを訪れたら一度は飛び込んでパワーを貰いたい、身を清めたいと思う人も多いそうです。ガンジス川は全長2525kmにも及ぶインド最大の川であり、インドの人々にとっては聖なる川として親しまれています。元々は天界を流れていた川であり、人々の願いにより地上に流れてきたとされています。生前は心身を清める場所として、死後は安寧を得る場所と考えられているようです。世界中からガンジス川へ沐浴しに観光客が訪れ、インドの人を含めると、毎日のように数千万人の人が沐浴しにくるそうです。

そんなガンジス川の水は聖なる水と言われていますが、実は、世界で最も汚染されている川として5本の指に入るほど汚染が進んでいます。時には死体が大量に流れてくることもあり、とても飲めるような水ではありませんが、中には毎日のように川の水を飲む人もいるそうです。確かに、ガンジス川そのもの色は明らかに汚染されているって感じの色ですし、コップに注いだら透明なのかも?と思いきや真っ茶色で、かなり汚れています。一発で病気になりそうなほど汚れていますが、病原菌などは微量であり人体に影響を及ぼすほど、菌は多くないそうで、確かにガンジス川の水を飲んで体調を崩した人はあまりいないそうです。

むしろ、病気が治る人もいるくらいです。なぜ、病気が良くなる人がいるのか、実験としてガンジス川の水にとある病原菌を混ぜてみたところ、その病原菌は死滅したそうです。なぜ、病原菌が死滅したのか、なぜガンジス川の水にはそのような効果があるのか、技術が発展した今でも解明されないままだそうです。