おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

自然と都市がイイ感じ

つらいつらいつらい時差の悩みは、海外旅行の悩みベスト3に入れてもいいのではないかと思っていますが、オーストラリアはこの時差が少ない国です。大陸の西と東を行き来すれば3時間の時差が生じることもありますが、日本を起点に考えるとオーストラリアの時差はマイナス1時間からプラス2時間の範囲です。「1~2時間の時差なんて時差のうちに入らない」と思われる方がほとんどだと思いますが、朝早い集合の時なんかは、2時間の時差でもけっこう厳しいことになります。ゴールドコーストから直接日本に帰る時のフライトがそれに当てはまりますが、直行便であるQF69/JL360便を使って日本から帰る場合、ゴールドコーストでの集合時刻は朝5時となります。

幸いクイーンズランド州ではサマータイムを採用していない(一部の地域を除く)ので、日本時間に直せば午前4時の集合ということになりますが、この時間帯での1時間の早起きはけっこうつらいものがあります。ニュージーランドに行くとこの時差は3時間になり、サマータイム採用時は4時間の時差が生じることになります。この場合、朝7時の集合でも日本時間に直すと午前3時ということになり多くの人がきつい時差(極端な早起き)を経験することになるでしょう。たとえ1、2時間であっても時差は時差。家族とスムースな連絡をとることを考えても、この時差の少なさはありがたいことです。オーストラリアの宿泊施設と聞いた時に多くの方が真っ先に思い浮かべるのは大規模リゾートホテルやシティ・ホテル、またユースホステルバックパッカーズといった格安の宿でしょうか。

オーストラリアには個性的な宿が多くありますが、日本ではなかなか紹介されていません。実際の利用がそれほど難しくなく、かつ思い出に残る滞在ができそうなアコモデーションとしては、タスマニアのコロニアル・アコモデーション(古い家屋でのホームステイや一棟貸し)、南オーストラリアのボート・ハウス(文字通り船の宿)、グレートバリアリーフの島々のリゾートなどでしょうか。難易度をあげれば、秘境の超高級リゾート(セブン・スピリッツ・ベイ)やアーネムランド(立ち入りが厳しく制限されているアボリジニの土地)のキャンプ、クーバー・ピディの洞窟ホテル(デザート・ケイブ・ホテル)などといった非常に個性的な宿に泊まることも可能です。

オーストラリアは全般に宿泊費は割安です。バリ島やシンガポールほどの割安感はありませんが、オアフ島に行っていわゆるハイアットやシェラトンといったグレードの場所に泊まるなら、グレートバリアリーフの高級リゾートの方が同じ値段でずっと充実した滞在ができると思います。リーズナブルな料金で滞在を満喫できるのがオーストラリアです。