読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

どんどん進化してビックリするようなものができるといいですね

ちょっと解説をしてみたいと思います。EVはエンジンの代わりに電動モーターを制御装置として採用し、動力源はガソリンなどの燃料ではなく、電気を蓄えたバッテリーで走行する仕組みとなっています。トヨタの「プリウス」などのハイブリットカー(以下:HV)もEVの仲間だと思われがちですが、実は内部の構造が大きく違っているのです。EVは動力である電気をモーターへ送り込み、そのまま走り出しますが、HVはエンジンとモーターを組み合わせて動力を確保します。

従ってHVは内燃機関が存在するため、環境問題で比較するならEVに劣ってしまいます。そして、HVが更にEV寄りに進化した形態がプラグインハイブリッドカー(以下:PHV)です。こちらもエンジンが搭載されていますが、大容量のバッテリーにより直接充電が可能なため、EVに近い特性を持っています。HVは家庭などで充電することができませんが、PHVなら可能なため、こちらもEVに近い感覚で経済的なドライブを楽しむことができます。EVは「充電口」、HVは「給油口」、PHVは「充電口」「給油口」の両方が付いている構造になっています。

また、これらの三車種はすべて大容量バッテリーが搭載されているため、メンテナンス時には寿命などを考慮しなければなりません(年数が経過すると場合によっては交換が必要となります)。混同されがちですが、従来のガソリン車に搭載されている「鉛蓄電池」とは根本的に構造が違います。EV用の大容量バッテリーは、走行時の動力源となる大量の電気を蓄えなくてはならないため、ガソリン車のバッテリーのようにエンジンを掛けるだけの電力量とは訳が違います。クルマの大本を支える最先端の技術が詰まっているため、高性能で安全性の高い大容量バッテリーがこれらの三車種に搭載されています。