読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

気を付けて確認しないといけません

バイクや自動車で時速100キロの場合、車は1秒間に約27.7メートル走行しますから、2秒の脇見をすると約55.4メートルも走行することになり、その間に前車が減速や停止をすれば追突する危険性が非常に大きくなります。したがって、追突事故を防止するためには、なにより不用意な脇見はせずに前方をよく見て走行するとともに、車間距離も十分に保持しておく必要があります。

ただし、視線が前方の1点に集中すると、後方の状況がつかめないことに加えて、意識がぼんやりしてきたり眠気を催すこともありますから、適宜ミラーをチェックするなどして視線を1点に固定しないようにします。なお、車間距離については、速度をメートルに置き換えた距離(例えば時速100キロであれば100メートル)が安全確保のための目安とされています。スピードを出せば出すほど1秒間に走行する距離は長くなり、ブレーキをかけてから車が停止するまでの制動距離も長くなりますから、それだけ追突事故を起こす可能性が高くなります。

また、遠心力もスピードに2乗して大きくなりますから、スピードを出し過ぎるとカーブを曲がりきれずに防護柵等に衝突する危険が高まります。さらに、スピードの出し過ぎはちょっとしたハンドルやブレーキ操作でスリップを招く危険性も高めます。したがって、法定最高速度を守るということが基本となりますが、法定最高速度については、高速自動車国道と指定自動車専用道路では異なるという点に注意が必要です。普通自動車の場合、高速自動車国道では、標識や標示で速度が指定されていない場合は時速100キロですが、指定自動車専用道路の場合は、標識や標示で速度が指定されていない場合は一般道路と同じ時速60キロです。また、法定最高速度を守っていれば安全ということではありません。例えば雨天時や強風時などはスピードを落として走行する必要がありますから、状況に応じてスピードをコントロールすることが大切です。なお、悪天候時などには、標識等で速度規制が行われることがよくありますから、速度規制が出されたときは必ずそれに従わなければなりません。