読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

世界には色々なメーカーがあるのだと感じる

メーカー

日本ではあまり有名ではありませんが、海外では知られているキムコは台湾のバイクメーカーの一つです。台湾国内では非常に大きなメーカーであり、主に排気量50ccから250ccクラスが充実しています。日本ではスクーターのメーカーとして知名度がありますが、本国ではネイキッドやクルーザースタイルのバイクも取り扱っています。1963に設立後、翌年には日本の二輪メーカーの本田技研工業から技術提供を受けて二輪生産を開始しました。1970年には年間30万台もの生産力を誇る工場を完成させ、その後工場の増設を行い生産力を高めてゆきます。

1986年にはホンダブランドの輸出も開始し、ホンダの事業拡大に大きな力添えを果たしています。1992年より、自社ブランドのキムコを立ち上げ、オリジナルの二輪開発を行い始め、1995年には本田技研工業との提携を解消し、以降自社ブランドでのバイクを生産し、国内から輸出までを行うようになりました。海外には世界51カ国もの国々に輸出を行い、幅広いネットワークを確立しています。特にヨーロッパのように実用性の高い二輪が求められる国ではキムコブランドは大いに受け入れられており、非常に高い販売シェアを獲得しています。

キムコは、台湾国内において初めて4ストロークエンジンの開発を行った実績も誇っています。現在では、地球環境問題や騒音問題を考慮した二輪開発も行っており、電動二輪の研究も精力的に行っています。日本におけるキムコの取扱いは、埼玉県八潮市に本社を構える株式会社イーケィエーが行っています。