読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

世界中から注目される場所ですよね

世界的に有名な場所、タイムズ・スクエアという名前ですが、1900年代初頭につけられたものでNYの大手新聞社、ニューヨーク・タイムズの本社が移転してきた時に命名される。今ではオフィスは他の場所に移ってしまいましたが、この場所は大晦日にカウントダウン/ボールドロップの行われる場所としていまでも有名です。ちなみに最寄り駅である、地下鉄のタイムズ・スクエア駅も新聞記者たちの要請により、作られたものとか。10数年後にニューヨーク・タイムスのオフィスが移転した後は劇場やホテルなどの建設が相次ぎ一気に発展。

しかし1930年代の世界恐慌の訪れとともに、タイムズスクエアは治安の悪い風俗街へと成長。1990年代半ば、当時のNY市長、ルドルフ展ジュリアーニの指揮の元、風俗店などは姿を消し、安全も向上、多くのショップやレストランなどもオープンし、今では観光客に親しみやすい地域として多くの人訪れる観光名所に!まずは世界的に有名な、大晦日のボールドロップ。2005年にはイベント100周年という事で世界各地から70万人以上の人が集まった。

当日は観光客であふれるこのイベント、ニューヨーカーも自宅などでホームパーティー、というときもテレビでボールドロップの様子を流している、など皆に親しまれています。1907年の大晦日に最初に行われて以来、戦時中の1942年と43年を除き、毎年行われているという歴史の長いもの。きらびやかなネオンあふれるNYの中心とも言える場所でのカウントダウンはとてもエキサイティング。