おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

その瞬間は感動だと思います

アメリカだけでなく、世界中から毎年100万人以上の人々が一目見ようと集まるこのカウントダウンですが、実際ニューヨーカーたちはどのような年越しの時間を過ごすのでしょうか。私の知り合いのニューヨーカーたちは、意外にも一度も年越しカウントダウンには参加したことが無く、毎年その様子をテレビで見ているそうです。

あまり興味が無いらしく「寒いし、混むし大変なのに何を考えているのかしら?」とまで言ってしまうほどです。さらに彼らの話を聞いていると、なぜタイムズスクエアが観光名所になっているのかさえ理解できないと言っていました。そこで「なんでタイムズスクエアに行きたいの?東京のオフィス街じゃダメなの?」と聞かれ、何も言うことができなかった思い出があります。確かに、何故でしょうね。東京と同じで、ただの繁華街なはずなのに。しかし、きっとタイムズスクエアには、私たちを惹きつける何か目に見えなここでのカウントダウンを絶景たらしめる1つの要因が、頭上に舞うカラフルな紙吹雪です。この紙吹雪には、それぞれに新年への願い事が書かれています。この願い事は、タイムズスクエアに集まる観光客やそこで働く人々によって書かれているため、使われている文字も多種多様で面白いです。

の紙に願い事を書きたい方は、ニューヨークに旅行に出かけた際に、タイムズスクエアにそれと思われるブースがありますので、是非書いてみてください!ところでこの紙吹雪ですが、どのように飛ばされているかご存知ですか?おそらく送風機のような機械を想像される方が多いと思いますが、実は人力によって行われています。数十名のボランティアによって行われるこの大事な仕事は、秘密裏に募集されているそうです。どこで誰が、どのくらいの紙吹雪を撒くかは、テロ対策のため極秘で行われています。そんな彼らの仕事には緊張感が漂い、トランシーバー片手に「5.4.3.2.1.GO!!!」の掛け声で一斉に撒き散らします。私は本当にこの仕事がしたいのですが、テレビでこの仕事について紹介されていた時は、メンバーの紹介でのみ募集しているようだったので、それ以来、友達はたくさんつくるようにしています。いものがあるのでしょう。