おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

考え方の違いなのでしょうか

中立国で有名なスイスは、コレクターズナンバーというものがあり、30年以上前のコンディションの良い車で、年間2000マイル以内、車検は6年後ごと(一般車両は2年ごと)となっています。

1枚のコレクターズナンバーに対して、最低3台保有しなくてはならず、最大20台の車を登録できるそうです。そして、税金や保険は、排気量の一番大きな車に課せられるというから、面白い優遇処置ですねイギリスは、1973年以前の車は、税金が免除される優遇制度があり、車検は毎年必要ですが、乗る期間と乗らない期間を申請し、乗る期間だけ税金を払うシステムになっています。日本と同じ自動車大国のドイツも、ヒストリックカーの優遇税制を実施していますそもそも、ドイツの自動車税は、車の古さに関係なく、エンジンの形態、ガソリンエンジンディーゼルエンジンか、排気量、CO2放出量、どのユーロ規制をクリアしているかで決まっているんです。

なので、古い車でも新しい車でも、税率が同じということも多いんです。そして1997年に始まったヒストリックナンバー制度により、30年以上の古い車でオリジナルの状態でレストアされている車でT:UV(技術検査協会)の認定が取れた車は、自動車税が一定額になり、自動車保険も減額されるんです。このように、欧州諸国では、古い車に対して、税の優遇処置があるんです。