おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

気持ちがいい回転と音

自動車のホンダのVTECという言葉、みなさんも一度は聞いたことがあるはず。これはホンダが開発した可変バルブタイミングリフト機構(Variable Valve Timing & Lift Electronic Control System )の名称です。文字どおり、バルブの開き方を変えてエンジンのパフォーマンスを上げようという発想から生まれました4サイクルエンジンは「吸気」「圧縮」「燃焼」「排気」という4つの行程で発生したエネルギーを動力に変換しています。

吸気と排気では回転する「カム」を使ってバルブを動かしますが、従来のエンジンは低回転時と高回転時でバルブが動く量を変えることができません。そのためエンジンは低速重視か高速重視、どちらかの設定にする必要がありました。VTECは回転数に応じて大きさの異なるカムとロッカーアームでバルブを動かし、バルブが動く量を調整。燃料混合気の吸気量を変化させて効率的にパワーを引き出せるようにしたものです。そんなVTECエンジンは1984年の「NCE(New Concept Engine)計画」で開発がスタート。ホンダの研究員たちは「自然吸気でリッター100馬力」を目指したといいます。そして1989年4月にデビューした2代目インテグラに初搭載。

1.6L VTECエンジン(B16A型)は最高出力160psを7600rpmという高回転域で達成しました。 1990年9月に登場したNSXには3L V6 DOHC VTECを搭載。NAエンジンで当時の自主規制いっぱいの280psを実現しました。そして1995年9月には6代目シビックの1.5Lモデルに低回転、中回転、高回転、3つの領域で吸気バルブタイミングとリフト量を切り替える3ステージVTECを搭載しました。