読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

知識があると理由が分かる、そして楽しめる

一般的なガソリン車に比べるとより大きいトルクを発生させることができます。これはディーゼルが過給器と相性が良く、両者を組み合わせて使うことが多いためです。ディーゼルエンジンの圧縮行程で圧縮するのはただの空気ですから、どれだけ空気を詰め込んで圧縮しても異常燃焼が発生しません。

大量の空気を詰め込んでそれなりの燃料を吹いて燃やせば燃焼行程1回でより大きいトルクを発生させることができます。対して、ガソリン車はエンジンがそれほど頑丈に作られていないため一回の燃焼工程で大きなエネルギーを発生させることが難しいです。よって、トルクを小さくして回転数でパワー(馬力)を稼ぐ設計をしているものがほとんどです。ストップ&ゴーが多いような街乗り運転では、低回転数から太いトルクを得られるディーゼル車の方が加速感を味わえるでしょう。どの程度差があるかは、実際にトルクカーブ+パワーカーブを見てみないと何とも言えません。また、後述するように、ディーゼル車は高回転させることが難しいので、回転数の代わりにトルクを稼ぐという設計思想なのだと思います。

マツダのSKYACTIV-Dえんじんは高回転まで回ると言われますが、ガソリン車に比べればやっぱり回りません。ガソリンエンジンはシリンダ径を大きくすると燃焼を制御するのが難しくなってきます。点火プラグで着火してから徐々に周囲に向かってガソリンが燃えていくのが通常の燃焼状態ですが、シリンダ径が大きいと燃焼途中でシリンダ内圧力が上がって周辺部からも自己着火が始まってしまいます。すると燃焼速度が速すぎてエンジンを痛めてしまいます。ディーゼルエンジンの圧縮行程で圧縮するのはただの空気ですから、どれだけ圧縮しても自己着火することはありません。燃料を噴射した瞬間に自己着火するので、燃料の噴射の仕方によって燃焼状態をある程度制御できるわけです。だから、大型エンジンはディーゼルが多いです。

船舶用エンジンなどではシリンダの中に大人が入れるようなサイズのものもあります。もっと大きなディーゼルエンジンもあります。ガソリンエンジンで大型のエンジンを作ろうとすると、大きなシリンダを作ることが難しいので多気筒化するほうが楽です。良い例が第二次世界大戦中の航空機のような、星型にピストンを配置したような多気筒エンジンになります。