読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

考えながら行動したい、そう思います

ワールド

有名な国ベトナムの法律でもバックミラーの設置は義務付けられています。が、そのバックミラーもあさっての方向を向いていたり、自分の顔が見えるようになっていたりと後ろを確認する気は無さそうです。その結果、車線変更時も後ろを確認することはほとんどありません。車もバイクも車線変更はゆっくりと行います。これにより、後ろを走っている車は前の車の車線変更前に前に出るか、道をゆずります。

日本では直進している際に車が割り込んでくることは滅多にありませんが、ベトナムでは前に走っている人を優先する必要があります。ベトナムでは至るところからクラクションの音が聞こえてきます。このクラクションは、「自分がここに居る」というサインであり、決して怒っているわけではありません。信号のない交差点を通行する場合や、他の車が幅寄せしてきた場合などにクラクションを使い、自分の存在に気づいてもらうことが重要です。運転に慣れない人ほど安全のために使わざるを得ないでしょう。日本で右折する場合は対向車がいなくなってから右折するのが当たり前ですが、ベトナムでは行ける時に行きます。

なので、直進している際に対向左折車が突っ込んでくることもよくあります。減速などして避けるようにしましょう。また、自分が左折するときも、基本的に対向車がいなくなることはないため、信号のない場所で左折する場合などは待っていても行けるようにはなりません。他のベトナム人に付いて行くなどしながら行くしかないのです。その場合、他のバイクの内側を曲がるようにすることでより安全に左折することができます。