読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

我々の時代よりも前に存在していたもの

素材

今からかなり前の1549 年に来日したキリスト教フランシスコ・ザビエルが、1551年に大内義隆に自鳴機(機械時計)を贈りました。その時計に使われているねじが我が国に伝 わった最初の締結ねじであると推定されます。次節で述べる火縄銃のねじに遅れることわずか6年です。1690年(江戸時代)に出版された“人 倫訓啓図蒙”に出ている時計師の図で、後方に見える櫓時計の頂上部にベルを固定するためのねじがあり、“蕨手(わらびで)”と称する蝶ナットの翼の部分が 図示されています。

我が国には、古くから“ろくろ”と称する回転加工機があって製陶、木工など に使われていましたが、工具を回転軸の方向に機械送りすることはしませんでした。したがって、1860年に幕府が造船用機械に含めてねじ切り旋盤をオラン ダから輸入するまでは、おねじはすべて鑢などによる手作りでした。1543 年に、種子島に漂着したポルトガル人が携えていた2挺の小銃を、領主種子島時堯が大金を投じて買い上げました。

これが我が国に伝来した最初の火縄銃であ り、この伝来銃の銃底をふさぐための“尾栓及びそれがねじ込まれる銃底のめねじが、日本人が見た最初のねじであるとされていま す。時堯は、2挺のうち1挺を種子島の刀鍛冶八坂金兵衛に見本として与え、その模作を命じました。金兵衛は、苦心の末、1年でこれに成功し ました。金兵衛にとって尾栓のおねじの加工は比較的容易であり、例えば糸をコイル状に巻き付けて、その線に沿ってやすりで切り込んでいくといった方法が考えられま す。しかし、金属加工用工具として“やすり”と“たがね”しかなかった当時の刀鍛冶の技術からすれば、銃底めねじの加工は難題でした。種々の苦心があった末、尾栓のおねじを雄型として熱間鍛造法で製作したのではないかと推定されます。伝来銃の銃底に加工されためねじは時期的に見て、タップを用いて加工されたものであることは、ほぼ間違いありません。