読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

見えているものが全てではないのだろう

素材

色の無い、透明も含めて、物にはそれぞれの「色」があります。でも実際に人間の目で見ているのはその物に反射した「光の色」です。なので暗い場所では物の色が分かりません。例えば、リンゴが赤く見えるのは光がりんごに当たった時に、赤い色の光だけが反射されて目に届くからです。この場合他の色の光は反射されず吸収されて目には届きません。ちなみに、全ての光を反射した時には白く見え、全ての光を吸収している場合には黒く見えます。

目で見ることができる光のことを「可視光線」と呼び、その他紫外線や赤外線などの目に見えない光を「不可視光線」と呼びます。物の色は例にあげたリンゴのように、表面を反射する光「表面色」、また物を光が透過して見える色「透過色」によって色が決まります。この2つの色を「物体色」と呼びます。色には光の3原色(RGB)と色の3原色(CMY)があります。RGB(レッド・グリーン・ブルーの3色)を加法混色といい、基本は光がない黒の状態でそこに色を足していくことで特定の色を表し、全てが重なった状態が白になります。

もうひとつのCMY(シアン・マゼンタ・イエローの3色)を減法混色といい、基本は白でそこに色を足していき全てが重なった状態が黒になります。RGBは光の3原色なのでテレビなどの電子機器に使われ、CMYは印刷物に使われています。ただCMYの3色で作った黒は完全な黒とは色味が違うため、別にK(ブラック)という黒専用のものが用意されています。これは印刷の基本となるプロセスカラー(4つの色)と呼ばれていて、CMYKと表現します。ちなみにブラックがBじゃなくてKなのは、BはBlue(青)を表すためです。