読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

必要なものは大切なもの、そう思います

移動

日本の戦後は、高速道路などが長距離交通移動の本格的な機能導入に発展していく中、それまで市街地の移動手段だった市内電車やトローリーバスが廃止されるのと同じようにバスの移動体系が取り入れられていきます。交通車両の大きな増大による渋滞や、様々な諸問題にも、観光バスや路線バスを運営する機関によって、それらに対応した対策システムの開発も進んでいきます。

ここまで、貸切バスと路線バスの運営形態について特に区別差別化せずに記述してまいりましたが、戦後、生活が豊かとなり生活面にいろいろと便利な、 様々な行事に対しての送迎や観光行楽での貸切バスの運用と一般の市民への普及は実質的に高度経済成長期時点から登場して現在に続いていると考えたほうがわかりやすいと思います。確かに、大きな意味で貸切バスとは明治36年の内国勧業博覧会での移送に使われたものですが、今でいう貸切バスの意味合いとかニュアンスが異なっています。

わが国の歴史で輸送業務で大きく社会の利便性を追求したり実績をもっているのは鉄道ですが、違った意味で個人的に利用していてライトで扱いやすい点や柔軟なインターフェイスを持っているのは路線バスや観光においてなどの貸切バスなどのシステムです。人体に例えて言うなら、動脈は鉄道、路線バスは毛細血管と言え、なかでも、長距離の移動に対応して観光業者などがツアーに取り入れています長距離大型バスにも含まれます、貸切バスは動脈とも毛細血管ともどちらもカバーする働きを持っているし、又元来それらが必要とされていると思います。