おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

人は何を求めるのか、それを追求したい。

空を飛ぶ飛行機による高速移動の海外旅行が一般的になった現在でも、大航海時代から大帆船時代を経た海洋ロマンと結びついたクルーズは根強い人気を誇ります。さらに近年ではクルーズファンの間では、とりわけ帆船クルーズが憧れの的となっています。ドイツ北部のかつてのハンザ都市ロストックで毎年8月に開かれる帆船パレード「ハンザ・セイル・ロストック」は、200隻以上の帆船がヨーロッパ各地から参加し、世界中から100万人以上が集まる一大フェスティバルです。

期間中、次々と港に姿を見せる大小様々なタイプの帆船は圧巻。2013年のハンザ・セイルにも200隻以上の帆船が参加を表明しており、現段階で19世紀建造の帆船が10隻以上、全長100メートル以上の大型帆船は4隻が参加を予定しています。なかでも目玉は19世紀の快速帆船(クリッパー)を再現したスター・クリッパーズ社のスターフライヤー号(2300総トン、全長115メートル)です。昨年に引き続き2度目の参加となるスターフライヤー号(1991年進水)は、4本マストに16枚の帆を掲げたその優美な姿が人気です。大海原では帆船時代そのままに潮風を受けて帆走し、補助エンジンの使用は出入港時や悪天候の際に限定しています。

風をいっぱいに受けた真っ白な帆を掲げて航海する気品溢れる姿はクルーズファンの憧れの的。船内は快適な居住性が保たれ、センスの良いエレガントな調度品とともに、チーク材マホガニーをふんだんに使った居心地のよい上品な空間が広がります。乗客定員数は170人と大型クルーズ船にはないアットホームな雰囲気も魅力です。