読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

重要なものは、誰にでも重要であると考える

さて、従来の道路網(一般国道など)は、道路法にそれぞれの性格付けがなされ細かく路線の該当条件が定められていて、それに応じて路線の指定を行なう。いわば道路網のあり方は道路法内で完結していたわけで、道路網を作ることでおのずから国土の理想的な編成や効率的な道路交通は実現できるような考え方を取っていた。言い換えると、これが道路法から読みとれる道路行政における道路網と国土編成との関係についての考え方である。

ところが高速道路の場合は、高速自動車国道の路線を指定して道路行政に組み込む以前に、国土開発幹線道路(以前は国土開発縦貫自動車道)の予定路線という形で道路網が所与のものとして与えられている。また、その道路路線の基本的な性格も基本計画として既に与えられている。 戦後高速自動車道路ネットワークの構想が提唱され始められたときから、日本の高速道路網は国土開発(国土復興)の一環として扱われてきた経緯がある。

今日でも全国的な道路ネットワークがまず構想され、それに応じて順次道路を作っていくという考え方を取っている。国土計画という達成すべき目標があってその手段として目的を達成するのにふさわしい道路網を建設しようとい考え方であり、そのため、国土計画の目標に応じて道路網整備の優先順位が自ずから決まってくる。これはある意味では国土計画という政策目標を掲げた合理的なやり方のように思えるが、露骨に言えば、国土計画に地元の路線を組み込んでもらうことが政治になり、路線表を組み上げることが行政になるやり方でもある。

全体構想ありきだから、往々にして「○○キロメートルの道路網」という数字がひとり歩きする元凶でもある。 高速道路について理解する際には、道路法を元にした道路行政以前の、国土計画や道路ネットワーク構想の理解が欠かせない。むしろこの国土計画や道路ネットワーク構想の部分こそが、道路法の外側に顕在化したもうひとつの道路行政であり、それがどのような手続き(法令)でなされるかを追っていくことが高速道路網の歴史を語るときの主要なテーマになり得る。