おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

嫌いな人もいれば、助かると思う人もいる。

クルマ、つまり自動車ローンの始まりは、やはり自動車先進国であるアメリカにおいて1920年代に始めて導入されました。ゼネラルモーターズクライスラーなどのメーカーにより始まった自動車ローンは、一般庶民からすればまだまだ高嶺の花ともいえる、 自動車を所有できる機会を与え、自動車業界の販売台数の拡大にも大きく貢献しました。

当時、世界最大規模の自動車会社であったフォードは、当初自動車ローンを導入しませんでしたが、ゼネラルモーターズが自動車ローンにより躍進し、 フォードでも導入せざるを得なくなったという経緯があります。日本では、戦後になってようやく比較的価格の安い、いわゆる大衆車が発売されるようになった1960年頃、 プリンス自動車(現在の日産自動車)が導入したのが最初だといわれています。

 導入当時の具体的な支払い方法については定かではありませんが、80年代になると月々の返済額を抑える目的から、マル専手形と呼ばれる、 特定の決済のみに使用される手形を利用しての割賦販売方式が導入されるようになりました。