読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

知らないよりも知っていたほうがいいことが多い

排気量660ccの軽自動車にかかる主な税金について解説していきます。実際に「軽自動車を購入したとき」と「軽自動車を所有しているとき」に納めなければならない税金はそれぞれ異なる他、どちらの場合においても納めなければならないものもあります。自動車取得税は、自動車を取得した場合に1回限りかかる税金のことを言います。

ここでいう「自動車の取得」とは、車屋で購入する「売買」だけでなく、他人から譲り受ける「贈与」も含まれるので注意が必要です。なお、自動車取得税はすべての軽自動車に対してかかるものではなく、「取得価額が50万円以下」の軽自動車につきましては、自動車取得税を納めなくとも良いことになっています。軽自動車の価値を評価する方法につきましては、車種、年式、経過年数などが関係するだけでなく専門性が必要となりますので車屋や役所へ確認するのが望ましいでしょう。

軽自動車税は先に解説した通りですが、年の途中で軽自動車を新規購入や買い替えした場合の軽自動車税は「月割り計算で納付」することになるため、軽自動車を新規購入したときも軽自動車を所有しているときも軽自動車税を納める必要性が生じます。また、軽自動車税自動車税と異なり「すでに納めた軽自動車税が還付されない」といった特徴があります。

自動車重量税とは、自動車の重さによって課される税金のことを言い、主に自動車を購入したときや車検を取得したときに納める税金です。軽自動車の場合は、自動車重量税が「一定額」といった特徴があります。