読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

忘れてはいけない過去は忘れないようにしたい

説明

民間の企業が運営する「民営化」までは、有料道路の運営主体としては、日本道路公団が大きな役割を担ってきました。1960年に首都高速道路公団が、1962年には阪神高速道路公団が設立され、それぞれ都市内の街路の整備と一体となった都市高速道路道路法上は都府県道、政令指定都市の市道)の建設が始められました。そして、1970年に本州四国連絡橋公団が発足して本四架橋(道路法上は一般国道)が着工され、同年に「地方道路公社法」が制定されて、1956年以来途絶えていた都府県、政令指定都市による有料道路の建設が再開されます。

これらは全て「特措法」に基づく組織です。 2005年の「民営化」によって,道路4公団は6つの高速道路株式会社に変わりました。と言うよりも、独立行政法人独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構(機構)と高速道路株式会社(会社)に分割されたと言った方が正確です。従来、公団が持っていた道路本体とその債務、道路法・特措法上の権限などが「機構」に移管されましたから、本当の運営主体は「機構」であり、会社は受託会社(下請け会社)に成り下がった形です。

わずかに、サービスエリアとパーキングエリアについての運営主体であるに過ぎません。明確な経営責任をもった高速道路株式会社でなければ「民営化」の意味はありません。そのためには「民営化」の見直しが必要なのです。名古屋高速道路広島高速道路、福岡北九州高速道路は道路公社が運営するもので、以前は公団より格下扱いでしたが、今では首都、阪神高速は「機構」の管理下にある組織になり、道路公社の方が独立した自主性のある運営主体になったのは皮肉なことです。道路運送法」による自動車道の運営主体の多くは、バス会社、観光事業者、或はこれらの会社が出資した自動車道会社です。一番古い万座・鬼押しハイウエーは、プリンスホテルの経営です