おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

極端なものは魅力があります、思い込みでしょうか

遅いスピード、つまり低速性能が良いこともトライアルバイクの大きな特徴です。ふつうのバイクでは半クラッチを使わずに、ローギアで人が歩く程度の速度で走ることは不可能ですが、トライアルバイクならできます。それでいてトップギアでの最高速度は時速100キロを超えるのですから、守備範囲が低速寄りとはいえ、普通の道路を走ることも可能です。

参考までに、普通の道路でのスタートには5速ミッションなら3速、6速ミッションなら4速を使います。つまり、1から3速はセクション用なので、道路上では実質的に3段ギアしか使わないわけですが、それでも排気量の割りに車体が軽いので意外と軽快に走ります。トライアルバイクでは、バランスをとりやすいようにステップに立ってライディングするのが本来の使用目的なので、シートは無いか、無いも同然のものが多いのです。しかし、出光イーハトーブトライアルのように長距離移動がある場合は、やはり良いシートがついていれば楽であることはいうまでもありません。ただし、シートの厚みと幅は快適性には貢献しますが、足着き性の点では大いに不利になりますから、本格的に競技をする人なら快適性より点数を良くするほうを取るため、シートはごく薄いか、無いほうがいいわけです。

ステップが普通のバイクより後ろにあるのは、自分の体重を後輪にかけてリアタイヤの駆動力を増すためです。ついでに言えば、リアブレーキの角度もステップに立った姿勢で扱いやすいようになっていますし、ギアチェンジレバーの位置や角度も同様です。さて、これまで述べたトライアルバイクの特徴は、本気で競技をする場合の有利さを優先した結果ですが、それほど本気で競技するわけじゃないがトライアルライディングを楽しみたいという人向けに、大きなタンク、厚いシート、座ったまま踏めるリアブレーキのトライアルバイクもあり、出光イーハトーブトライアルのやさしいクラスならこのようなバイクでも性能的には十分ですし、むしろ日常の使用やツーリングにも使いやすい点が本格的な競技用バイクには無い大きな利点です。時間のある人なら岩手までツーリングしながら、そのままトライアルに参加し、またツーリングして帰ることも十分に可能です。