読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

人が作り、人が使い、人が壊す

世界的な自動車メーカーのトヨタ自動車は工場の生産設備をつなぐネットワークの規格に「イーサキャット」を採用する。ドイツで開発・オープン化された通信規格で、高速性に加えて省配線化が可能。IoT(モノのインターネット)技術への対応が進んでいるため、工場自動化(FA)ネットワークの標準規格として採用を決めた。29日までドイツで開催中の「ハノーバーメッセ2016」会場でトヨタが明らかにした。

今後導入する工場設備には、標準の通信規格として対応を求める。取引先には3月に通知した。トヨタは従来、日本電機工業会が策定した「FL―net」を標準として使ってきた。対応機器が日本製にほぼ限られており種類も少ないことや、IoT化対応の必要性などから次世代ネットワーク選定を進めていた。トヨタの大倉守彦先進技術開発カンパニー工程改善部長は「リーンな生産ラインを作るには間違いなく必要な技術。開発したのがドイツか日本かは関係なく、もっともいい技術を採用した」とした。独ベッコフオートメーションはIoTシステムに参入する。

同社の主力はプログラマブルコントローラー(PLC)などの工場自動化(FA)機器。今回、「インダストリー4・0」の標準通信技術を使って、PLCを介さずに、インターネット上のIoTシステムにFA機器から直接データを送れる機器を発表した。現在は米マイクロソフトの「アジュール」やSAPの「SAP HANA」などのIoTシステム基盤に対応する。今後は自社でのシステム開発に乗り出す。IoTシステムは各社の新しいサービスがつぎつぎ生み出されており、相互運用性が問題になってくる。