読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

良いものは、良い技と良い設備で作られているのかな

ものつくり

日本の東海地方の中京工業地帯とは、主に愛知県、岐阜県三重県に広がっている工業地帯です。愛知県瀬戸市岐阜県多治見市の陶磁器、愛知県一宮市の毛織物などは古くから栄えてきました。なぜこの地域に工業が発達したかというと、東京と大阪の間に位置するため、昔から交通の便が良く、人の行き来が盛んだったことが理由の一つです。また、海に面していることで貿易が活発に行われています。

さらに、豊富な水量を持つ木曽川のおかげで工業用水を確保しやすく、肥沃で広大な濃尾平野があることも大きな理由です。明治時代には製糸業、紡績業などが主力でした。第二次世界大戦前になると、航空機の生産が盛んになり、軍需産業の拠点になりました。戦後は石油化学工業が発達、名古屋港や三重県四日市港周辺に石油化学コンビナートが建設されるようになりました。さらに、愛知県豊田市を中心として自動車産業が盛んになり、現在も三大工業地帯の中でトップクラスの生産額を誇っています中京工業地帯には盛んな産業がいくつかあります。

その中でも「二大輸送機産業」と呼ばれるのが、自動車と航空産業です。 日本を代表する自動車メーカー「トヨタ自動車」があることは有名です。愛知県豊田市は、主力産業のトヨタ自動車から名前がつけられています。また豊田市内やその周辺地域では自動車のパーツを製造する企業や部品工場などの関連会社が数多くあります。他の三大工業地帯と比較して機械工業の占める割合が非常に高いのは、この自動車産業の発展が大きいからです。