読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

新しい挑戦は、新しいことへのチャレンジである

ものつくり

ビールやジュースで有名なサントリーは1899(明治32)年の創業以来、ウイスキーやワインを中心に製造販売していたが、あえてビールという厳しい世界に入り、クリーンでマイルドなデンマークタイプのビールをつくるようになる。そして、サントリーのビールが業界に一石を投じたのが、1967(昭和42)年のこと。「サントリービール〈純生〉」を発売すると、「生ビールの定義とは?」という論争が巻き起こった。

サントリービール〈純生〉」は熱処理をせずにミクロフィルターを使って酵母を除去した初の「生ビール」。酵母を除去したビールは生ビールではない、という主張もあったようだが、結果、現在では熱処理をしないビールを生ビールと呼んでいるように、サントリーの主張が認められている。その後、1986(昭和61)年に麦芽100%使用の「モルツ」を販売開始。1989(平成元)年には、武蔵野ビール工場にミニブルワリーを竣工。通常の設備の20分の1の大きさのミニブルワリーで、様々な種類の試作品をつくっている。

このような施設は、全国に4つあるサントリーのビール工場の中でも武蔵野ビール工場にしかない。ここでつくられたビールは工場内や一部の店舗で提供されているが、ミニブルワリーで最初につくられたビールのひとつに「ザ・プレミアム・モルツ」の前身である「モルツ・スーパープレミアム」があった。2003(平成15)年、それまで少量生産を続けてきた「モルツ・スーパープレミアム」を一新し、「ザ・プレミアム・モルツ」が誕生。すぐに売上が伸びることはなかったが、2005〜2007年にかけて3年連続モンドセレクション最高金賞を受賞したことで、売上も急激に伸びることとなる。