おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

どれを選ぶのかは、その人のセンスなのでしょうね

はけは色々あります、平ばけ、ずんどうばけ、および柄と毛の部分に角度のある、すじかいばけなどがあります。穂は、ほとんどが動物の毛で、馬毛(古くは、こまげと呼んでいた)、ヤギ毛、羊毛が多く使用されています。黒毛には、馬毛のような硬い毛が使用されます。白毛には、ヤギ毛、羊毛の柔らかい毛が使われます。最近は、ナイロンのような合成繊維の毛も多くなってきました。

漂白剤や薬剤を使用する場合には、ナイロンばけを使用してください。塗料の種類、塗り面積などに応じて適切なはけを選びます。一般的に、合成樹脂調合ペイントのように粘度の高い塗料では、硬い毛(黒毛)のずんどうばけを使用します。また、腰が強く塗料の含みがよいので、広い面の塗装に適しています。一方、ウレタンワニスやラッカーのように粘度の低い塗料では、やわらかい毛(白毛)のすじかいばけを用います。

屋根・フェンス・シャッターなどを合成樹脂調合ペイントで塗るときは、黒毛のずんどうばけと、すじかいばけ、さらにウエスと下げ缶(塗料容器)をセットにして両手に持ち、いつでもはけを取り替えて使用できるようにします。隅や端など塗りにくい所がある場合、すじかいばけであらかじめ塗っておく必要があります。また、色違いで塗り分けるダミ分けという作業にも、すじかいばけを使います。ずんどうばけの補助として使用します。