読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

みんなのものだから大切にしたいと思います

くるま、自動車の単体、燃料規制が進む一方で、自動車の交通量が多く交通渋滞が激しい大都市地域などにおける自動車排出ガスによる大気汚染が深刻化しています。

大気汚染防止法は、交差点など交通渋滞による大気汚染が激しい、または汚染が生ずるおそれがある道路やその周辺の区域で、都道府県知事が排出ガス濃度測定を実施することと定めていますが、自動車排出ガスに含まれる二酸化窒素(NO2)や浮遊粒子状物質(SPM)について、大都市圏を中心に環境基準を達成していない測定局がみられます。

このため、1992年に自動車NOx法が制定されました。さらに2001年には、SPM対策を盛り込むなどの改正が行われて自動車NOx・PM法が成立しました。同法は、トラック、バス(ディーゼル車、ガソリン車、LPG車)およびディーゼル乗用車など一定の自動車について、NOxやPMの排出が少ない車を使用する車種規制を導入し、首都圏(埼玉・千葉・東京・神奈川の各都県)、大阪・兵庫圏(大阪・兵庫の各府県)、愛知・三重圏(愛知・三重の各県)の大都市圏において使用できる車が制限されました。