読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

どっちを選ぶのか知らない、謎は謎のまま

比較

イーブイ、EV(Electric Vehicle)は、エコカーと呼ばれる次世代のクルマの中で、最も長い歴史を持ち、その歴史はガソリンエンジンの自動車とほぼ同じといわれています。電気自動車(EV)は、外部から充電した電気を動力源にし、モーターで走るクルマです。ガソリン車とちがって、走行時のCO2の排出がまったくないエコカーとして、大きな期待を集めています。

しかし、電気自動車は、コストが高く航続距離が短く充電時間が長い、というバッテリーの性能に大きな問題を抱えています。そのバッテリーも、昔の鉛電池からニッケル水素バッテリーに進化し、さらに最近では、リチウムイオン電池に徐々に移行してきています。高電圧で小型化が可能なリチウムイオン電池電気自動車バッテリーの主流になるとみられています。

いまは連続走行距離の短さが課題となっていますが、バッテリー性能の向上・充電インフラ施設の充実が図られれば、これからの時代を支える重要な動力源として大きな期待を寄せられています。いっぽう、FCV(fuel cell vehicle)はというのは、水素を燃料とし、空気中の酸素を反応させて電気を発生させます。その電気でモーターを回して走る車です。EV(電気自動車)と同様、内燃機関は一切搭載されておらず、走行時に排ガスを一切出しません。出すのは水だけという、究極のクリーンエンジンを実現するものです。