おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

乗って楽しい見て楽しい、こんなものは最高だ

流行りといいますか、バイクブームは過去にも日本の経済成長と共に訪れています。1970年代には高度成長期で今までアメリカ主導だったバイクの生産が日本に移りより精密なメカニズムを搭載した日本製のバイクが現れ世界に輸出されるようになりました。HONDA DreamCB750、YAMAHA 650XS1、KAWASAKI 900Super4はその最も顕著たるバイクで、バイクと言えばハーレーといった概念を壊し日本をバイク大国へ押し上げた素晴らしい名車です。80年代はかつてない空前のバイクブームが訪れました。一部では「狂乱の80年代」と呼ばれメディアの普及と共にロードレースや鈴鹿の8時間耐久レースが若者の関心を高め、メーカーはレーサーレプリカを販売し高価なバイクが飛ぶように売れました。

YH戦争といってヤマハとホンダが業界一位の座を狙い毎月新車を出し一気にバイクの性能も高まり、バイク販売数は2013年が約45万台に対しピーク時1982年は329万台なので、そのブームがいかに凄かったかは数字が物語っています。バブル経済や暴走族等の社会的要因や漫画で言えば「バリバリ伝説」が人気で一般人まで巻き込んだブームとなりました。ここまでいくとバイクは実用性よりも趣味の世界に入っていき、個人のライフスタイルに合せた乗り物として認識されるようになりました、その後、バブルの崩壊による経済事情また原付バイクのヘルメットの装着義務化が推進され手軽さがなくなりブームが衰退していったようです。

ただし90年代にもHonda Steed400やYamha Majesty250などの名車は生産されていてストリート系は進化をとげ、20代の若者たちはファッション的な役割をもつバイクに魅了されました。そして「第3次ブーム」です。これは某メーカーのお偉いさんが言った言葉ではっきりとした定義はありませんが、バイクの登録台数も2010年以降は微増にあり、250ccのスポーツバイクの販売ラッシュを見るとブームというよりは安定性が出て来たと考えた方がいいかもしれません。