おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

適当に買取価格を語ってみたいと思います

知っているかもしれませんが毎年度の買取価格は発電設備の導入費や運転維持費をもとに算定していて発電事業者が利益を得られるように計算されています。

今回の買取価格の引き下げはこうしたコストが下がったことによるものです。また政府は再生可能エネルギーの最大導入と国民負担の軽減の両立を目指しています。CO2排出削減には再生エネルギーの活用が欠かせません。再生エネルギー利用を増やしていくなかで電力コストの削減も求められます。今後の再生エネルギー普及のためには適正な買取価格を捉え導入量を大きくしていくことが求められているのです。

固定価格買取制度における買取価格は今後も変化が見られるものです。発電コストの低下や再生可能エネルギーの普及状況が価格を左右します。発電コストが下がることで住宅用の太陽光発電の導入がしやすくなる面もあります。政府は固定価格買取制度の拡大を見込んでいて今後も注目される成長分野です。