読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

逆から読んだらンリンガだよねって意味のないことを書くな

みなさんご存じの第二次大戦後のガソリン不足などで我が国においても東京電気自動車のたま号など一時的な復活等もありましたが電気自動車は実験的な展開で姿を見せたり消えたりが長い間続いたのです。

本格的な復活は1990年代です。排気ガスなどの公害問題に対しカリフォルニア州ではゼロ・エミッション・ビークル法が制定され自動車メーカー各社が開発に乗り出しました。アメリカではGMがEV1をリース販売しトヨタ自動車もRAV4L V EVを販売。

本田技研工業のEV PLUS日産自動車のハイパーミニトヨタ自動車の2人乗りe-comなども発表され第二次ブームと言われる時代が到来しました。しかしこのブームもEV自体の航続距離が短く家庭で充電し難い構造などの問題もあり一方同時期に開発がすすめられたハイブリッド車燃料電池車に自動車メーカーが注力していったこともありEVは大きく普及することなく第二次ブームも終焉を迎えました。