読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめさん

おすすめさんのおすすめをおすすめする

そのカードを選択したのは正解でしょうか

これから先の今後水素ステーションを普及させるためにはどのような取り組みが必要になるでしょうか。今後の普及に向けては建設コストや運営コスト保守コスト等のさらなる低減を図り水素ステーションがビージネスとして成立するための環境整備が必要になってくるでしょう。

そのためには水素ステーション関連の規制緩和をより推し進める必要があります。たとえば水素ステーションの設置にかかる規制については2005年3月に改正され高圧ガス保安法建築基準法消防法が見直されました。これにより水素ステーションの設置可能地域が拡大し既存の移動体燃料供給拠点すなわちガソリンスタンドを水素ステーションとして活用がすることが可能な状況になっています。この規制の見直しにより水素ステーションのコストダウーンもしくはビジネスとしての魅力の基盤が整理されたといえるでしょう。今後の水素ステーションの普及について考えた場合当然その最大要件は燃料電池自動車の普及であることは間違いありません。

しかしそれにも増して水素ステーションを普及させるという観点でいうならば水素ステーションのビジネスが魅力あるものになることが絶対条件だろうと思われます。そのための技術開発やさらなる規制の見直しコストダウン等がそれぞれ進められていく必要があるでしょうね。